N高が本格VRシステムを使った「バーチャル入学式」を挙行、在籍生徒数は9,727人に

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、2019年4月4日(木)14時より、本格的VRシステム完備の映画館「新宿バルト9 シアター7」にて、第4期生を迎える「平成31年度 N高等学校 バーチャル入学式」を開催した。

2019年4月の入学者数4,004名を迎え、在籍生徒数は1万人を目前とした、9,727人となった。

N高入学式の流れ

今年の入学式は、VAIO株式会社、東映株式会社、株式会社クラフターの共同事業「VRCC(VR Cinema Consortium)」が2019年4月に設置した本格的VRシステム完備の「新宿バルト9 シアター7」を使用した最初のイベントとして行い、52名の新入生が会場で参加。

多人数同時鑑賞が可能な本格的VR設備を使用し、高性能VRヘッドセットと映画館サウンドによる高い没入感で初めて体験した生徒からは「驚きがたくさんあり面白かった」などの声が聞かれた。

式の様子はニコニコ生放送でも「ネット入学式」として生配信を行い、全国の新入生はオンライン視聴やニコニコ動画特有の流れるコメントを通して参加した。

式は、教育Vチューバ―「みみたろう」の司会の下、バーチャル世界の中で進行された。

これまでN高では、GearVRやホロレンズを使った入学式などN高の魅力の一つである最先端技術を取り入れ、“ネットの高校”ならではの入学式を行ってきた。今年はN高の学びと同様、入学式にも多様性を持たせるために一つの意味を定めず個別のカスタマイズを可能とする仮想現実空間のバーチャル入学式を行った。

新入生がVRゴーグルを付ける際はみみたろうのかわいらしい声で「みんなVRゴーグル付けたことある?」の問いかけに対し首を振る新入生など掛け合いが見られた。

VRの操作は目線だけで完了し、自分の好きな席で参加することができる。隣の新入生を見るとほほ笑みかけてくれる。

N高の本校がある沖縄の伊計島のビーチに移動し奥平校長からの式辞から入学式が開始。

N高 奥平校長の式辞

現在はインターネットのおかげで、“情報へのアクセス”が誰でも、手軽に行えます。学校で教えられたことを、たくさん記憶して、偏差値が高ければいい。そんな時代は終わりを迎えたのです。これからは、言われたことをできるだけではなくて、自分で考える力が必要なのです。自分から何かを発信したりできることが大切です。N高校は決まったことを学ぶ教室ではありません。自分が興味を持っていることをどんどん追求してみて、多くの学びや体験をしてください。

その後場面転換をしながら、山中理事長、うるま市の島袋市長、伊計島の玉城会長から祝辞が送られた。

ここで、サプライズゲストとして2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智教授からN高生へ祝辞が送られた。

大村智教授の祝辞

私事でもありますが、ノーベル賞を受賞した学者はきっと頭が良かったのだと、思われる人が多いと思われますが、私の場合は、自分は頭が良いと思ったことはありません。子供の頃から忘れ物の常習犯であり、国語や英語など、覚えなければならないことをすぐに忘れて身に付かない。この劣等意識をカバーして今日に至っているのには努力の積み重ねがあったと思います。
皆様が高校生として努力して、人間としての優れた資質を身につけられ、後々、人のために、また、社会のためになることを成し遂げることの生きがいを味わわれることをお祈りして挨拶を終えたいと思います。

新入生代表宣誓は、原口沙輔さんが行った。

アーティストとして活動している原口さんがこの日のために作ったオリジナルBGMに乗せて、スクリーンに映るバーチャル奥平校長に向かい、N高へ入学した理由や入学してやりたいことを述べた。

原口沙輔さんの新入生代表宣誓

僕は物心つく頃から、とにかく音楽が大好きで、いつも頭の中は音楽のことでいっぱいでした。N高等学校の教育プログラムを使えば、僕の好きな音楽の時間を増やすことができると思いました。それともう一つ、僕は今、愛媛県に住んでいますが、音楽活動では東京での活動が多、愛媛にいても東京にいる時でも、パソコンや携帯でいつでもどこでも授業が受けられると思いました。僕は今後、海外でも活動していきたいのですが、このスタイルであれば海外にいても日本にいても、いつもと同じように授業が受けられます。この3年間を大事にして、思いっきり楽しみたいと思います!

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録