ネオス、内田洋行の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」に教育コンテンツ「うごくさんすう」の提供を開始

モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 池田 昌史)は、株式会社内田洋行(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 大久保 昇)の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall(エデュモール)」に、教育コンテンツの提供を開始したことを発表した。

ネオスは教育現場におけるICT化を見据え、教育系出版社などの関係各所とアライアンスを構築するとともに、知育・教育コンテンツの企画開発を推進している。

これまでにもNTTドコモの知育サービス「dキッズ」をはじめ、主に幼児向けの知育コンテンツを中心に様々なプラットフォームへ展開してきたが、全国約300自治体、5200校の小・中学校に利用されているデジタル教材プラットフォームである「EduMall」へ新たにコンテンツ提供を開始した。

「EduMall」には、運営元である内田洋行をはじめ、様々なコンテンツプロバイダーの教育コンテンツが用意されており、地域イントラ・校内LANなどのICT環境を通じて、クラウド型の配信サービスで提供されるため、学校のコンピュータへのインストールが不要で、ネットワークに繋げる環境さえあればすぐに利用できる。また、年間契約により効率的にデジタル教材を授業へ取り入れることが可能。

ネオスからは、小学生を対象とした算数学習コンテンツである【うごくさんすう】を第一弾として提供する。

EduMall版【うごくさんすう】について

視角・聴覚・触覚の3つを刺激しながら「数」を具体的に感覚で感じることで、暗記だけに頼らず楽しみながら数量概念や計算力を身に付けることができる教育コンテンツ。

「たし算・ひき算」「かけ算・わり算」などの学習項目を、文部科学省が定める学習指導要領に沿ってわかりやすくシンプルなメニューで編成し、学年ごとにステップを踏みながら正しく学ぶことが出来る。

利用方法

EduMalll公式サイトのご利用手順を参照の上、申込み。

コンテンツ利用料

年間1万円

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録