dotstudioがプロトタイピング専門スクール『ProtoOut Studio』を2019年6月に秋葉原に開校、1期生募集に伴い開校説明会を4月15日より実施

​IoTを中心としたIT教育・研修事業を手がけるdotstudio株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:菅原のびすけ)は 、プログラミングとプランニング(企画)の両方を兼ね備えたプロトタイピング(試作開発)スキルの習得に特化したプロトタイピング専門スクール『ProtoOut Studio(プロトアウト スタジオ)』を2019年6月に秋葉原にて開校、1期生募集に伴い4月15日により開校説明会を実施する。

『ProtoOut Studio(プロトアウト スタジオ)』とは

ProtoOut Studioはプログラミングとプランニング(企画)を兼ね備えたプロトタイピング(試作開発)スキルの習得に特化した日本初のプロトタイピング専門スクール。

プロトタイプ開発に効率的なスキルセットを厳選し、今までのプログラミングスクール等にはなかったAPIの活用に特化し、技術的な専門知識を深めるという考えよりも、技術を幅広く扱い手段を多く持てる応用的なカリキュラムを展開。

未経験から半年でプロトタイピング能力を身につけ、アイディアをカタチにし、社会にアウトプットするまでを徹底的にサポートする。

受講期間は3ヶ月〜6ヶ月で、授業は毎週土曜日に開かれる。

最初の1ヶ月はプログラミングの基礎となる開発言語JavaScriptを習得し、2ヶ月目は「LINE BOT」開発などのAPIに着手。ハッカソンを間に挟みつつ、3ヶ月目より「IoT」「AI」「ブロックチェーン」「VR/AR/XR」から希望するコースを選択し、専門知識を(深めるよりも)幅広く扱う、つなぎ合わせる能力を培いながらプロトタイプを制作する。

卒業時にはベンチャー企業などの経営陣やベンチャーキャピタルにプロトタイプを披露。社会にアウトプットするまでを見据えた開発が経験できる。

『ProtoOut Studio』の特徴

APIやデバイスを世界で一番多く利用するスクールカリキュラム

プログラミング教育が小学生から必修化になるくらい、昨今では技術がコモディティ化している。深いところまで技術を追い求めなくても、APIやデバイスを活用し繋ぎ合わせることでプロトタイプを作ることが可能になってきている。 APIやデバイスをどこよりも多く活用し、技術の幅と多くの手段を提供できるカリキュラムを目指していく。

メインのプログラミング言語はJavaScript

JavaScriptは現時点のプログラミングの世界において、より多くのプラットフォームに対応しているプログラミング言語と言ええる。Webアプリケーションのフロントエンド、バックエンド、スマートフォンアプリケーション、デスクトップアプリケーション、デバイス開発、AIやブロックチェーンなど様々なシーンに対応できる。学習時の敷居も低く、コストパフォーマンスが高いため本スクールではJavaScriptを主軸として授業を展開していく。

ハッカソンなど複数回の実践の場を設け、素早い学習サイクルを実現

カリキュラム内ではハッカソンを数回実施。プログラミングを学んだだけだと、卒業制作や何か制作を行うタイミングになってから、自分にこのスキルが足りなかったということに気が付く。ハッカソンを行い、「とりあえず作って発表し、ブラッシュアップする」をカリキュラム内で行うことで素早くサイクルを回すことができる。

メンターによるメンタリングとプロトタイプの卒業発表

卒業制作のフェーズでは著名エンジニアなどで構成されるメンター陣がプロトタイプのメンタリングも随時行うため、短期間で実践的な創造スキルを習得できる。卒業制作の発表の場では、ベンチャーから様々な企業まで多岐にわたる経営者へプロトタイプをデモ発表する機会を設ける。

一般社団法人MAとの連携

日本最大規模の開発コンテストである「MashupAwards」を運営する一般社団法人MAと連携し、スクールプログラムや制作発表の場を広げる。

『ProtoOut Studio』説明会概要

日程

2019年4月15日(月)、4月16日(火)、4月19日(金 ) (4月20日(土)の開催も調整中)

時間

19:30 – 20:30 or 21:00 – 22:00

場所

開発者・クリエイターのための近未来体験スペース「Granica」

内容

校長の想い、スクールの特徴、カリキュラム詳細、卒業制作、質疑応答、個別相談

『ProtoOut Studio』入試概要

カリキュラムをはじめる上で必要なスキルとしてNode.jsやJavaScriptをどれくらい扱えるかのテストと、自分の手で何かを作り出し広めていくためのスタートラインとなる「作りたい気持ち」を問う面接を行う。

開校予定日

2019年6月22日(土)

教室

開発者・クリエイターのための近未来体験スペース「Granica」

講座

毎週土曜日 13時~18時 対面式授業

受講期間

3ヶ月〜6ヶ月(入門・基礎・応用)

メンタリング期間

2か月

定員

20~40名 (別途入学試験を実施)