グローバルキャスト、小中学生向けのプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2019」を開催

株式会社グローバルキャスト(所在地:愛知県名古屋市中村区、代表取締役 川口 英幸)が、教育事業ブランド「G-VaLEd」主催、名古屋市教育委員会後援にて、小学生・中学生向けのプログラミング・ICTスキルの全国大会「子どもみらいグランプリ2019」の開催を発表した。

参加応募期間は、2019年5月1日(水)~6月3日(月)まで、そして7月15日(月)に愛知県名古屋市(ナディアパーク3F/デザインホール)にて全国大会を開催する。

「子どもみらいグランプリ2019」開催の背景

グローバルキャストの教育サービスブランド「G-VaLEd」では、子どもの将来の選択肢を拡げられる教育、グローバルな視野に立った教育が必要不可欠と考え、様々なサービスを提供している。

その取り組みの1つとして行っている、「子どもみらいグランプリ」は、参加を通じて子ども達のITリテラシーや論理的思考力、創造力を育むと考えている。

グローバルキャストは、「子どもたちの可能性を最大化する」その一助となることを願い、子どもみらいグランプリを実施している。

イベント開催により期待する効果

  • 子供のICTリテラシー向上
  • 子供の論理的思考、創造力、表現力の向上
  • 子供のプレゼンテーション能力の向上

「子どもみらいグランプリ2019」一般公募部門紹介

CG-ARTS部門

テーマ「伝える」に沿ったイラストを作成

CG-ARTS部門は、今年のテーマ「伝える」に沿ったイラストをペイント、Office(Word/Excel/PowerPoint)各バージョンで作成する部門。 公益財団法人CG-ARTS協会(シージーアーツ協会)に色の使い方や構図や立体感など、CGの観点で優れているかに配慮して作品を選考、最終審査する。

プログラミング部門

子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用

プログラミング部門は今年のテーマ「伝える」に沿って、 MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子ども向けプログラミング「Scratch(スクラッチ)」を使用してプログラミング作品を作成する部門。優秀者には後援の名古屋市教育委員会より名古屋市教育委員会賞が贈られる。

ロボットプログラミング部門

「スタディーノ」を使用したロボットプログラミング

ロボットプログラミング部門は今年の「伝える」というテーマで「日本のおもてなしが感じられる」ロボットをオリジナルで作成する部門。ロボットプログラミングは 「スタディーノ」を使用し、作成したロボットは2分動画(ロボットが動いている動画と一緒に作成者の声で説明を入れる)をYouTubeにアップ。優秀者には後援の名古屋市教育委員会より名古屋市教育委員会賞が贈られる。

「子どもみらいグランプリ2019」一般公募における応募要項

募集内容

大会テーマ

「伝える」

テーマに沿ったイラスト作成、プログラミング、ロボットプログラミング表現。

※構成、制作共にオリジナル作品であること。同一部門の複数応募は不可。

部門

CG-ARTS部門 /プログラミング部門/ロボットプログラミング部門

入賞

  • 各部門小学生3名、中学生3名(最優秀/優秀/第3位)
  • CG-ARTS部門【CG-ARTS 賞】
  • プログラミング部門、ロボットプログラミング部門【名古屋市教育委員会賞】

応募期間

2019年5月1日(水)~2019年6月3日(月)まで

応募方法

2019年5月1日(水)案内開始、エントリーフォームから応募

※郵送での応募不可、記載内容に不備があった場合審査対象外となる場合有り

応募資格

小学生、中学生なら誰でも参加可能(2019年4月1日時点で小学校、中学校に在籍している)

  • 同一部門の複数応募は不可(参加部門の制限なし)
  • インターネット、電子メールを使用して文書のやりとりが出来る人
  • 個別応募(団体での応募は受付不可)
  • 応募フォームで個人情報の取り扱い、一般公募における応募要項に同意した人
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録