エクシードが北海道の地元IT企業ハコレコドットコム・ロカラとプログラミング体験イベントを共催

株式会社エクシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:尾市守)は、2019年3月24日、北海道函館市において「Tech for elementary」の加盟教室である「自由研究研究所(代表:三上裕司)」と地元IT企業である「ハコレコドットコム株式会社(代表取締役:山田圭飛)」「株式会社ロカラ(代表取締役:中川真吾)」がプログラミング体験会を共催した。

エクシードは「ひとりでも多くの子どもたちにプログラミングの機会を提供する」というミッションに基づき、映像授業をベースとしたプログラミング教室であるTFEを全国にFC展開している。事業開始後3年が経過し、日本全国でのべ300以上の教室が加盟している。

TFEの加盟者はPC教室や塾などの教室ビジネスを営む個人・法人が大半だったが、近年はWeb制作やシステム開発等のいわゆるIT企業の加盟が増え、その割合は約1割に達している。本業であるIT事業との関連性から、収益事業としてはもちろん、CSRや地域ブランド向上施策の一つとして「プログラミング教室」を運営している。

今回はこういった教室運営までは至らないものの、プログラミング体験イベントを通じてCSRや地域ブランド向上したいIT企業と協力し、TFEの加盟教室が単独では開催できない規模のプログラミング体験イベントを開催した。

プログラミング体験イベントの様子

イベントは口コミのみで募集から約一週間で定員の80名が埋まり、当日キャンセルは0名。

函館市外からも多数の参加者が集まり、年齢は小学校低学年から高学年を中心に、プロのエンジニアのサポートを受けながら、プログラミングによるドローンやロボットの制御を楽しく学んだ。

なお、会場はイトーヨーカ堂函館店(一位物産株式会社、代表取締役:村上幸義)のフードコート横を、売場活性化と地域貢献を目的に無償提供された。

今後もエクシードおよび加盟教室では、CSRや地域ブランド向上に興味があるIT企業や、ショッピングモールや住宅展示場などのスペース提供ができる業種、あるいは、各種イベントを企画する広告代理店などと協業し、プログラミング体験イベントを企画していく予定。