「minne(ミンネ) byGMOペパボ」がハンドメイド作家向けの「SAKKA ZAKKA大学校」で教育プログラムを始動

GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)が運営するハンドメイドマーケット「minne(ミンネ) byGMOペパボ」と、株式会社BRAVE UP(代表取締役社長:下定 弘和)が運営するクリエイターの教育を行う「SAKKA ZAKKA(サッカザッカ)大学校」は、ハンドメイド作家の活動支援を目的に2019年4月1日(月)に提携し、瀬戸内・山陰を中心としたハンドメイド作家の活動支援を目的にした教育プログラム『SAKKA ZAKKA大学校 supported by minne)』を始動することを発表した。

「SAKKA ZAKKA大学校」は、ブレイブアップが運営するハンドメイド作品の販売ショップ「SAKKA ZAKKA」が、クリエイターが育つ環境を整え、教育することを目的に、4月1日に開校した学びの場。

経営ノウハウやものづくりにおける研究、作家の新規開拓、個別指導に至るまでの教育を行うほか、オンラインでの情報交換の場や、オフラインでの講義や実践の場を作家に提供する。

この提携による本教育プログラムでは、「minne」が「SAKKA ZAKKA大学校」においてネット販売の基礎が学べる講座(全3回)を行う。また、2019年5月2日(木・祝)~5月5日(日・祝)に開催される『SAKKA ZAKKA大学校 開講FES!』において、「minne」によるスペシャル講座も開催する。

「minne」と「SAKKA ZAKKA大学校」の教育プログラムの実施背景と概要

「minne」は、現在51万人を超える作家による956万点以上の作品が販売・展示されている、国内最大のハンドメイドマーケット(2019年3月末時点)。

「minne」では、ハンドメイド作家の活動の幅を広げるために、作家の相談・交流・学びの場である「minneのアトリエ(世田谷・神戸)」での勉強会やワークショップの開催をはじめとする様々な支援や取り組みを行っている。

近年では、各地のハンドメイド作家を支援するため、2016年7月より行っている鹿児島県奄美市との提携や2019年3月から行っている那覇空港での作品販売など地方自治体や地域の企業との取り組みを強化している。

一方ブレイブアップは、瀬戸内・山陰のものづくり作家の作品を販売するショップ「SAKKA ZAKKA」の運営をはじめ、ワークショップやマルシェなど多数のイベントを通じて、ものづくり作家をはじめとするクリエイター支援に取り組んでいる。そして、さらにクリエイターを支援するべく、インターネット上で「SAKKA ZAKKA大学校」を開校した。

この度「minne」と「SAKKA ZAKKA大学校」は、ハンドメイド作家を支援するという共通の目的のもと、提携し、本教育プログラムを始動。これに伴い「minne」は、「SAKKA ZAKKA大学校」にてハンドメイド作家に向けたネット販売の具体的な運営手法に関する講座を行う。

今後も「minne」と「SAKKA ZAKKA大学校」は、瀬戸内・山陰を中心としたハンドメイド作家を支援するための様々な取り組みを検討し、次世代のハンドメイド界をけん引していく多くのスター作家の輩出を目指していく。

「minne」と「SAKKA ZAKKA大学校」の全3回の講座について

「minneのアトリエ(世田谷・神戸)」などで開催し、大変好評を得ている、作品撮影ノウハウや価格設定に必要なポイントなどネット販売の基礎が学べる講座を行う。

講師は「minne」の作家活動アドバイザーである和田 まおが務める。

会場や日程については決まり次第、「SAKKA ZAKKA大学校」のFacebookページ(生徒のみ閲覧可)においてお知らせ(4月初旬にお知らせ予定)。※オフライン講座は、広島県内での開催を予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録