ODKソリューションズが大学入試アウトソーシングサービスの2019年3月期の処理志願者数を集計、前年比114%の約123万人に

株式会社ODKソリューションズ(本社:大阪府大阪市 代表:西井生和 以下、ODK)が、大学入試アウトソーシングサービスにおける、2019年3月期(2019年4月入学者対象入試)の処理志願者数(速報値)を集計し、前年比114%の約123万人となったことを発表した。

今回ODKが集計した本年度入試における処理志願者数(速報値)は前年比114%の約123万人となった。この数字は、大学入試センター試験の志願者数である57万6,000人のおよそ2倍に相当する。

ODK処理志願者数

大学入試センター試験志願者数(※独立行政法人 大学入試センター公表値)

ODKの『大学入試アウトソーシングサービス』は、入試に関わるすべての業務を一括受託することが可能であり、入試担当者の労働時間の短縮化や負担の軽減、働き方改革をサポートしている。

『大学入試アウトソーシングサービス』の概要

願書受付・志願段階(願書受付作業・受験票作成処理・志願者データ管理等)

受験生のメリット

Webで出願することにより、紙に個人情報を何度も書く必要がなくなる。

大学のメリット

志願者数や出願情報の閲覧、志願者データのダウンロードが可能。

成績・合否判定段階(成績処理、採点処理、判定資料作成等)

受験生のメリット

手作業による採点ミスの心配がなくなる。

大学のメリット

  • 採点の手間を省くことができる。
  • 合格判定シミュレーションシステムを通じて判定資料が作成できる。

合格段階(合格者データ管理、合格段階各種資料作成、合格通知書作成処理等)

大学のメリット

合格通知の発行や発送等の業務が効率化される。

ODKは機密性の高い大量データの処理に強みを持ち、半世紀以上にわたり、入試の「入口(受験生向け広報)から出口(入学手続)」に至るまで、『大学入試アウトソーシングサービス』としてワンストップで大学入試をサポートし続けている。取扱う志願者データ数は大学入試センター試験志願者数のおよそ2倍に相当する120万人以上にのぼる。

加えて、出願から合否の確認、入学手続に至るまで、大学入試に関するすべての手続がWeb上で完結する「受験ポータルサイト『UCARO®』」や入試向け動画面接サービス『Movie インタビュー for University』等、大学入試のIT化を支えるサービスも提供している。

ODKはこれからも、培ってきたノウハウを生かしたサービス提供により、大学入試に係る業務効率化や受験生の利便性向上を目指していく。