アルク、「小学校の英語教育 これからセミナー」第4弾を4月28日に開催

株式会社アルク(東京都千代田区 代表取締役社長:田中 伸明、以下アルク)が、「小学校の英語教育 これからセミナー」第4弾を開催する。

アルクでは、子どもに英語を教えている人、教えたい人を対象に、指導力アップセミナーを定期的に開催している。

2020年度から小学校5・6年生で英語が「教科化」されるなど、大きな変革が起きている小学校英語。「これからセミナー」は子どもに英語を教える先生を対象とした、指導力と英語力にさらに磨きをかける1日集中のセミナーである。

第4弾「小学校の英語教育 これからセミナー」概要

昨年、3回開催された「これからセミナー」。

それぞれ「英語教科化までの流れ」「小学校英語の『評価』」、「小学校英語の『理想と現実』」をテーマに、英語教育の状況の整理と理解に加え、英語力と指導力両面のブラッシュアップを図る実践ワークショップなどを行った。

4回目となる今回は、指導者として自信をもって授業に臨むために、「発音」と「教室英語」にフォーカスしたセミナーを開催。毎回、1回完結セミナーになっているので、今回が初めてでも参加できる。

開催日

2019年4月28日(日)10:00~16:00

セミナー内容

本セミナーは2部構成。

1部

10:00~12:30  小川 直樹先生(株式会社Heart-to-Heart Communications代表)

教室英語を、より“英語らしく”発音する(=カッコいい先生になる)方法を、分かりやすく、そして何より楽しく学ぶ。先生自身の発音のみならず、子どもたちへの発音指導までを網羅する。

2部

13:30~16:00  東 仁美先生(聖学院大学教授/J-SHINE理事・トレーナー検定委員)

自信を持って授業に臨むために、教室英語を題材に「教室英語・スモールトークのポイント」を学び、「効果的な発問の実践練習」を行う。子どもたちの「深い学び」につながる重要な役割をする「教室英語」を掘り下げる。

開催場所

アーバンネット神田カンファレンス

参加対象

  • 小学校で英語を教えている(その予定がある)人
  • 英語を小学生に教えている(その予定がある)人…など、子どもの英語教育に携わる、関心のある人すべて

定員

50名(先着順)※定員になり次第締切(キャンセル待ち)となる。

受講料

12,000円(税込)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録