CA Tech Kidsとスプリックス、小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売を行う合弁会社「キュレオ」を2019年4月1日に設立

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、株式会社スプリックス(本社:新潟県長岡市、代表取締役社長:常石博之、東証一部上場:証券コード7030)との共同出資にて、小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売を行う新会社、株式会社キュレオを2019年4月1日に設立することを発表した。

キュレオは、小学生向けのプログラミング学習教材を開発し、主に学習塾や習い事教室等を運営する教育系事業者を対象に販売・提供する会社で、プログラミング教育専門事業者として6年間の実績とノウハウを誇るCA Tech Kidsと、個別指導塾「森塾」や「自立学習RED」の運営のほか、ITを活用した教育コンテンツ事業に強みを持つスプリックスとの合弁会社として、2019年4月1日付で設立される。

新会社「キュレオ」の設立背景

プログラミング教育は、2020年より国内全ての小学校において必修化されることで急速に関心を集めている。

一方、子どもにプログラミングを教えるための優れた教材や指導者が不足していることや、都市部と地方における教育機会格差などが指摘されており、プログラミング教育の普及に向けての課題となっている。

2020年を目前に控え、地域を問わず質の高いプログラミング学習の機会を提供していくことが求められる中、「QUREO」の全国各地への普及を通じてこれを実現することを目的として、「QUREO」の開発・運営・販売を専門に行う新会社を設立することとなった。

新会社「キュレオ」の概要

社名

株式会社キュレオ

株主

株式会社CA Tech Kids 60%、株式会社スプリックス 40%

事業内容

小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売事業

小学生向けプログラミング教材「QUREO」とは

「QUREO」は、小学生を対象とした、オンラインでプログラミングを学ぶことができるサービス。

動画やガイドキャラクターによるナビゲーションなど、プログラミング未経験の子どもでも楽しく、自分自身のペースで自律的に学習を進めることができる工夫が施されており、繰り返し、条件分岐、座標、論理演算、変数、関数など、50項目に及ぶプログラミングの基礎を効果的に学ぶことができる。

プログラミング教室等でも教材として「QUREO」が活用されており、教室運営者向けの限定機能として、生徒の学習進捗や習熟度を把握できる機能も搭載している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録