KDDI主催「聴覚障がい者向けIT教室・2019」をプロキッズが支援、顔認証を用いた「次世代インターホン」を中高生が2日間で制作

株式会社プロキッズ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:原 正幸、以下 プロキッズ)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下、KDDI)主催のろう学校に通う生徒を対象とした「聴覚障がい者向けIT教室・2019」について、企画から教材開発、当日の講師までを支援した。

「聴覚障がい者向けIT教室・2019」​イベント概要

「聴覚障がい者向けIT教室・2019」​は、KDDIオフィスにて、2019年3月16日(土)~17(日)の2日間にかけて行われた。

ろう学校に通う生徒が、日頃から不便に感じることを、自らの手で解決することがゴール。

今回は中学校1年生〜高校3年生までのプログラミング初心者のろう学校生が集まり、「玄関のチャイムが聞き取れない」という課題に対し、AIやIoTを活用した「次世代インターホン」を作ることになった。

「次世代インターホン」では、インターホンを押した時に、写真を撮影し、顔認証で人物を判定し、来訪者の名前を自分のスマートフォンへメールと写真で通知してくれる。

さらに、メールに返信することで来訪者が待つインターホンの画面にメッセージを表示でき、口頭での会話が難しい聴覚障がい者がやり取りすることも可能。また、外出先などインターホンに対応できないときでも来訪者を知らせることができる。

教室の内容

本教室では、プログラミング言語であるPythonの説明に始まり、人工知能の開発まで行った。

人工知能の分野では、自分や友達の顔写真をパソコンに学習させ、人物の判定を行い、インターホンとメールを連携させるプログラミングにも挑戦。来訪者の名前だけでなく、画像データをメールに添付することで、誰が来たかをわかりやすく知らせるようにした。

完成発表会

完成発表会では、インターホンの音が聞こえなくてもお互いにやり取りできる様子を実演。

その後のプレゼンテーションでは、「自分の力でプログラミングできるようになりたい」、「今回作った作品を改造していきたい」など、これからもプログラミングを続けたいという意見が多く見受けられた。

今回のイベントで使用したRaspberry Pi、カメラ、3.5インチディスプレイなどの開発環境は、イベント終了後も自分たちで継続して開発が続けられるようプレゼントし、今年度のIT教室は終了した。

なお、終了後のアンケートでは参加満足度100%という結果だった。「情報系の大学に進むきっかけになった」「ITに対する興味が強まった」「顔認証システムを応用して自分のアバターを作成したい」といったコメントがあった。

プロキッズでは、障がい者の雇用促進という社会課題に対しても、今回のようなろう学校の生徒達へのIT教育を通して、職業の選択肢を増やすきっかけを作っていきたいと考えている。

イベントの概要

日時

2019年3月16日(土)~17日(日)9:00~18:00

場所

KDDIオフィス

内容

「聴覚障がい者向けIT教室・2019」~次世代インターホンを作ろう~

  • 人工知能の基礎
  • 「次世代インターホン」制作〜発表

対象

東京都立中央ろう学校に通う中高生

主催

KDDI株式会社

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録