AI Samuraiと学研プラス及び鳥取大学 植木教授が3者間連携を決定、子どもの発明思考を育てるコンテンツ開発へ

人工知能を用いた特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』を開発・販売する株式会社AI Samurai(旧名:ゴールドアイピー 本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白坂一)は、株式会社 学研プラス (本社:東京都品川区、代表取締役社長 碇秀行) 次世代教育創造事業部STEAM事業室と鳥取大学医学部附属病院新規医療推進センター 植木賢教授と発明を通じてクリエイティブ思考を育てるコンテンツの開発・提供を目的に三者間で連携することを決定した。

今後『IP Samurai®』の活用をベースとした新たなコンテンツの開発・提供において「教育学習」のスペシャリストである㈱学研プラス次世代教育創造事業部STEAM事業室と、「発明」という思考を科学する鳥取大学の植木教授、AIを用いてイノベーションを加速するAI Samuraiの三者が連携することによって、次代を担う人材の育成に取り組んでいく。

AI Samuraiと学研プラスと鳥取大学植木教授の三者連携の背景

AI Samuraiの基幹サービスである特許審査シミュレーションシステム『IP Samurai®』は、発明内容(新しいアイデア等)をテキストボックスに入力するだけで、AI(人工知能)が特許分類付与・先行技術調査・無効資料調査・クリアランス調査を行って特許関連業務の時間とコストを大幅に削減する画期的なシステム。

また、『IP Samurai®』にはクライアント企業や研究者実用性を重視したサービスの開発・提供だけでなく、子供たちの創造性と想像力を育みたいという設計理念がある。

AI Samuraiは、発明のメカニズムを理解することによって発明を考えることの面白さを体験し、より身近な出来事として認識してもらうためのイノベーション教育の啓蒙活動を行ってきた。

鳥取大学の植木教授は、発明の思考メソッドを「発明楽®」として体系化する取り組みをしている。

その内容は発明に必要とされる思考を①たし算(付加)、②ひき算(小型化)、③かけ算(転用)、④わり算(逆転)の4つに分類し、この4つの発想を用いて自身で発明を生み出すというもの。

昨年実施した「ポラリスこどもキャリアスクール『発明と特許申請に挑戦する3か月!-まだ存在しない「はじめて」を創り出そう!』」では、AI SamuraiのCOO/CIPOである播磨里江子氏がナビゲーターに就任し、この発明メソッドを学んだのち、子どもたちから上がったアイディアを『IP Samurai®』を使って評価し、アイディア創出から特許出願までを実体験するという初めての試みを行った。

それに加え、教育事業のプロフェッショナルである学研プラス次世代教育創造事業部STEAM事業室が、AI Samuraiの「決められた正解を追い求めるのではなく、子どもたち一人ひとりの考えやアイディアにフォーカスしたい」という事業哲学に共感し、両社は協力関係を築くことに合意した。

株式会社AI Samurai 播磨里江子COO/CIPOコメント

弊社は、日本の未来を担い、世界を変えていく若い世代の発想力の芽を育て発信していきたいと、創業当初から『発明寺子屋』活動を進めてきました。活動を通じて子ども達の発想力が本当に豊かであることを改めて実感するとともに、これを知的財産権という日本の大切な資産として残す必要があると感じています。この度、株式会社 学研プラス次世代教育創造事業部STEAM事業室様、鳥取大学の植木教授と協力させて頂くことにより、発明を考えることの面白さを子ども達により実感してもらえることが出来ればと思っています。

株式会社 学研次世代教育創造事業部STEAM事業室のコメント

STEAM教育は、『Science』『Technology』『Engineering』『Art』『Mathematics』を統合的に学び、子どもたちに自由な発想と創造的な活動を促すものです。株式会社 AI Samurai様の『AI』というテクノロジーと、鳥取大学の植木教授の『発明楽®』というメソッドを組み合わせ、日本に知的財産を生み出す子どもたちを育てるための、新しい教育・学習カリキュラムの実現に取り組みます。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録