「Blockchain Code Camp」がDApps開発までを一貫して学べる『Solidityコース』をリリース

Blockchain Code Campは、ERC20,721トークン(オリジナルトークン)の発行、ERC20,721(オリジナルトークン)対応のEthereum Wallet開発、DApps開発が学べる『Solidityコース』をリリースした。

『Solidityコース』リリースの背景

これまでBlockchain Code Campは、全くの開発初心者を対象に、HTML、CSS、JavaScriptに加え、Solidityを学ぶ形のカリキュラムを提供していた。

その過程で、特に多かった意見が、「Solidity以降のカリキュラムのみを受講したい」との声だった。そういった声に応えるために今回、Solidityのみを集中的に学ぶことのできる『Solidityコース』のリリースに至った。

HTML、CSS、JavaScriptなどアプリケーション開発の基礎についてある程度の理解のある人を対象に、Solidityを集中的に学ぶカリキュラムとなっている。

具体的には、ERC20,721トークンの発行、発行したトークンの管理が可能なERC20,721対応のEthereum Wallet開発、DApps開発を、現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けながら学ぶことができる。

その過程では、Remix、Geth、MetaMask、OpenZeppelin、Truffle、GanacheなどのEthereum開発に必須のツール群の扱い方についても学ぶことができるようになっている。

「Blockchain Code Camp」とは

「Anyone can create DApps」をコンセプトに掲げ、ブロックチェーンを用いたアプリケーションを用いたこれまでにないサービスを創り出す人材を輩出することを目的とした、「ブロックチェーン特化のオンライン完結型プログラミングスクール 」。

プログラミング未経験者でも、ブロックチェーンを活用したアプリケーション を開発することができるようになる。現役のブロックチェーンエンジニアのメンタリングサポートを受けることができることも特徴。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録