TOKYO GLOBAL GATEWAY、大学利用スタート。第1号は拓殖大学商学部の新入生オリエンテーションプログラムの1日を実施

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社TOKYO GLOBAL GATEWAY(東京都江東区・代表取締役社長・CEO 織田信雄)は、2019年4月6日に大学の団体利用の第1号として、拓殖大学商学部の新入生オリエンテーションプログラムの1日を実施する。

TOKYO GLOBAL GATEWAY(以下「TGG」)は、東京都教育委員会との官民連携事業として昨年9月に開業し、小学校から高校までの学校団体利用を中心に3月末までに約5万人が利用する見込。

TGGでは、今年度より利用対象を大学・専門学校等にも拡大する。通常プログラムの提供に加えて、大学当局からの要望にも個別に対応する予定。拓殖大学、文京学院大学ほか、すでに大学数校から利用予約されている。

今後、TGGでは大学・専門学校の団体利用のほか、企業研修等も展開し、利用対象をさらに拡大する予定である。

「TOKYO GLOBAL GATEWAY」について

「TOKYO GLOBAL GATEWAY」は、2018年9月6日(木)に東京・青海にオープンした、東京都英語村、体験型英語学習施設。

着いた瞬間から英語だけの世界。まるで海外に来たかのような開放的な気分を味わえ、自然と英語を話せる雰囲気がそこにはある。

英語を使用する楽しさや必要性を体感し、「通じた」「わかった」という成功体験が、英語学習の意欲向上のきっかけ作りとなるよう開設された。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録