神村学園東日本教育サポートセンター、プログラマを育てる新しい通信制サポート校「ITキャンパス」を4月に開校

神村学園東日本教育サポートセンターが、2019年4月1日に、ITの学習と学業を両立させ、将来のプログラマを育成する新しい単位制・通信制高校サポート校として、「ITキャンパス」を開校することを発表した。

神村学園高等部(単位制・広域通信制)サポート校「ITキャンパス」の特長

「ITキャンパス」は、IoTの進展やAIの発展等により、今後ますます必要とされるIT人材を育成する単位制・通信制高校サポート校。

「プログラマコース」と「パフォーマーコース」の2つのコースを設置しており、生徒それぞれのスキルレベルや目指すものに合わせてコース選択が可能。独自に組まれたカリキュラムにより、専門性を高めていくことができる。

実践的、実用性の高いスキルを学ぶことができる

プログラマコースにおいては、Javaプログラミング、SQLサーバーなど、システム開発等の現場で求められる機会の多い技術を学習できる。またパフォーマーコースにおいては、オフィスソフトの基本操作やHTML言語、動画の基礎的な編集テクニックなどを学ぶことができる。

いずれのコースも、在学中はもちろん卒業後、社会での活躍に繋げてほしいとの願いから作られている。「プログラマとして多くの現場で活躍」「自身のアーティスト活動をWebで発信」・・など、さまざまな可能性を応援する。

より早く、社会での活躍へ。

手も頭も柔らかい高校生のうちから、専門性の高い知識・技術を吸収できる。自由に使える時間の多い単位制・通信制の仕組みのもと、IT分野のスキルアップに、たくさんの時間を注ぐことができる。一斉授業ではなく個別学習のスタイルなので、周囲のペースに惑わされる心配がない。

好きな時間に、好きな場所で、好きなペースで。

IT学習は基本的に、e-ラーニングで進める。教室での一斉授業ではない。決まった時間に縛られるのではなくオンラインで好きな時間に進められるため、体調や生活リズムに合わせて、自分のペースでスタートできる。

得意な分野はどんどん先に進むことができ、つまずいた所は繰り返し復習可能。以前に学んだ内容も、すぐに見返すことができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録