EXDREAM運営の音楽Techスクール「canplay」、新コース開設とオンラインスクールの提供開始

EXDREAM株式会社(東京都千代田区 代表取締役:斎藤喜寛)は、音楽TECHスクールcanplayの新コースとして、日本初となる6つのコースとオンラインスクールの提供を開始することを発表した。

canplayとは

未来の音楽を創造するために、AI自動作曲や最新の音楽テクノロジー、マニアックで高度なデジタル音楽制作手法を学べる日本初の音楽テクノロジースクール。日本初の音楽講義、他にはない音楽講義だけを提供している。

有楽町線麹町駅0分のcanplay麹町教室に通学し受講するリアル教室での受講に加え、2019年4月から動画配信とマンツーマンビデオチャットによるオンラインスクールの提供を開始する。

これにより日本中(世界中)で自宅にいながらAI自動作曲など、最新の音楽テクノロジーによる音楽制作を学ぶことができる。

2019年4月から新たに提供される音楽TECH学習コース 概要

AI自動作曲プログラミングコース

ゼロからAI、機械学習、ディープラーニングの概要を学び自身でプログラミングを実践。自動作曲を行う本格AI音楽コース。Tensorflow、ディープラーニングに必要な数学まで含め本格的にAI自動作曲プログラミングを学ぶ。

Mu-techデジタル音楽制作研究コース

テクノロジーを使用した未来の音楽制作を研究するコース。AIによる自動作曲や波形合成からMAX、デジタル現代音楽・電子音楽から未来へ向けた無調音楽やモード、リディアンクロマティックコンセプトなど音楽理論までをマニアックに追求する。

AI DTMコース

プログラミング不要、数学の知識不要、既存のDTM環境でのAI自動作曲活用を実現するコース。日本では得ることが難しいAI音楽制作の情報を発信、DTMで活用するアイディアを学ぶことができる。

Python音楽プログラミングコース

ゼロからPythonの基礎を学び、音楽ライブラリーやモジュールを活用。シンセや音楽プログラムを作成しPythonを駆使する能力を身につける。

デジタル音楽理論コース

ダンスミュージックや歌モノなどのデジタル音楽専門。全く新しい革新の音楽理論をAIで生成した楽曲や解析プログラムを活用し解説するコース。

音楽トレンドデータサイエンスコース

ゼロからPythonによるデータサイエンス、ウェブスクレイピングの基礎を学び、Spotifyなどの音楽トレンドやデータ分析を行い、サブスク時代に音楽作品をどの様に売るべきか?のテクニックを学ぶ講座。

「canplay」2019年4月生募集要項

学費、定員

  • リアル教室通学(麹町駅徒歩0分) 学費月あたり:30,000円 定員各コース12名
  • オンライン(マンツーマンサポート付) 学費月あたり:20,000円 定員各コース12名
  • オンライン(動画講義視聴のみ) 学費月あたり:10,000円 定員各コース24名

受講期間

6ヶ月

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録