GRIT運営の英語コーチングサービス「PROGRIT」、4月15日に名古屋・渋谷・赤坂見附の3校舎同時オープン

英語コーチングサービス「PROGRIT(プログリット)」を運営する株式会社GRIT(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:岡田祥吾)は、2019年4月15日(月)に、名古屋・渋谷・赤坂見附の3校舎を同時オープンすることを発表した。

特に、PROGRIT名古屋は短期集中型英語コーチング事業としては初の東海地域進出となる。

PROGRIT名古屋校 開校の背景と教室概要

東海地域、特に愛知県には22万を超える企業があり、370万人以上の人が働いている。企業等の生産活動によって新たに生み出された価値である付加価値額は21兆円を超えており、増加率は35%以上と高い成長率を誇っている(平成28年経済センサス 愛知県版)。

また、従業員規模が100人以上の企業が愛知県内には増えている上、製造業の付加価値額が非常に高いのも愛知県の特徴である。

プログリットでは、これらの経済状況と、従業員規模が多い企業ほど英語の需要は高まるという独自の調査結果と、海外事業を強化したいと考えるメーカー企業が75.6 %に上るという国際協力銀行による調査を踏まえ、東海地域での英語の需要が非常に高いと判断した。

東海地域の中心都市である名古屋に校舎を開校することにより、名古屋だけではなく周辺地域で働くビジネスパーソンもプログリットが提供する英語コーチングを受講することができる。​

PROGRIT 名古屋 教室概要

オープン日

2019年4月15日(月)

住所

〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町1-16 井門名古屋ビル6階

PROGRIT赤坂見附、渋谷校 開校の背景と教室概要

プログリットは、東京都内に2019年3月現在、有楽町・新宿・新橋・神田秋葉原・池袋の5校を設置している。2019年4月15日(月)に渋谷および赤坂見附の2校を都内で同時オープンする運びとなった。

PROGRIT渋谷 教室概要

今まで西東京方面の英語需要については新宿および池袋の2校でカバーしてきたが、世田谷区や目黒区などの東急線沿線地域に居住しているユーザーの声にこたえ、渋谷に新校舎を設置する運びとなった。

また、渋谷周辺には大手企業だけではなく、多くのベンチャー企業が集積しており、多くのビジネスパーソンが仕事で英語が必要になっている。

プログリットは「英語の力」だけではなく「やり抜く力」によってビジネスでの活躍の場を広げ、サポートしていく。

PROGRIT渋谷は渋谷駅から徒歩4分という好立地で、周囲には多くの企業があるオフィスエリアに開校予定。東急線のターミナル駅でもある渋谷エリアを中心に、東京都西部や神奈川県東急線沿線エリアでの英語需要に対応する。

オープン日

2019年4月15日(月)

住所

〒150-0002 東京都渋谷区渋谷丁1目10-1 八千代ビル6階、7階

PROGRIT赤坂見附 教室概要

山手線内側の地域でプログリット初の開校となるPROGRIT赤坂見附は、周辺でビジネスをしている人、赤坂見附周辺居住者の英語需要をカバー。

東京メトロで最大の乗り入れ数を誇る赤坂見附駅および永田町駅を最寄り駅とし、赤坂駅からも徒歩5分程の好立地。

渋谷と同様に赤坂周辺も多くのベンチャー企業やIT企業が集積している他、外資系企業やメーカー企業も多く存在している。山手線の内側に初進出となるため、今まで開校していた他の校舎まで職場や自宅から距離があった受講者、赤坂見附駅や永田町駅を乗換駅として利用する多くの人々も通いやすくなる。

オープン日

2019年4月15日(月)

住所

〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目17-1 いちご赤坂317ビル4階

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録