ForkwellとCode Chrysalisが提携、Code Chrysalis受講生にエンジニア向けポートフォリオサービス提供へ

成長し続けるエンジニアを支援するサービス「Forkwell」を運営する株式会社grooves(本社:東京都港区代表取締役:池見 幸浩)は、アジア唯一のフルスタックコーディングブートキャンプ「Code Chrysalis」(本社:東京都港区共同設立者兼CEO:カニ ムニダサ 読み:コードクリサリス)と提携し、Code Chrysalis受講生にエンジニア向けのポートフォリオサービスを提供すると発表した。

学習による成長度合いを可視化することで、受講生の成長を支援する。

groovesとCode Chrisalis、提携の目的と概要

転職支援サービスやポートフォリオサービスなどを通じ、成長しつづけるエンジニアを支援しているForkwellは、12週間フルタイムのハードなカリキュラムでシリコンバレーの開発流儀を身につけたソフトウェアエンジニアに育てる教育プログラム「TheImmersive Bootcamp」や、英語ブートキャンプ「英語コミュニケーション集中講座」、初心者向けコーディング基礎講座「Foundations」を運営するCode Chrysalisと提携する運びとなった。

Code Chrysalisの受講生全員にForkwell Portfolioへ登録してもらい、スキルレベルを可視化。

日々の成長を実感するだけでなく、面談で活用することで受講生へのより客観的なアドバイスへとつなげることを目的としている。

また優秀な卒業生については、その成長の軌跡やエンジニアとしての志などについて、メディア「Forkwell Press」にて紹介。新たなキャリアを応援するとともに、これからエンジニアを目指す人へ有益な情報を提供していく。

Code Chrysalis 共同設立者兼CEO カニ ムニダサ氏コメント

私たちは受講生を業界を牽引するエンシニアに育て、コーディングブートキャンプの第三の波を起こすことを目指しています。コースではコーディングスキルだけではなく、コミュニケーションスキルや共感性、柔軟な自律性も高めていくのが特徴です。私たちの使命は、英語でコミュニケーションができ、プロダクト目線をもった自律性のあるソフトウェアエンジニアを増やし、日本のテクノロジー業界を前進させることです。また、女性エンジニアのエンパワーメントについても積極的に支援していきます。

株式会社grooves 執行役員 Forkwell 事業部長 赤川朗氏コメント

Code Chrysalisは、海外の大学さながら、卒業するために非常に厳しいアウトプットが求められるスクールです。私自身、分校の英語コミュニケーション集中講座で汗をかいた身として、その厳しさと成長を実感しています。ブートキャンプという言葉に違わないハードな環境ですが、その分、プログラミングだけではなく、リーンスタートアップのマインド、プレゼンテーションスキルなどプロダクト開発における多様なスキルを身につけることができるエンジニアの登竜門といえるでしょう。同社と提携することで、Forkwellがエンジニアの成長に貢献出来ることを嬉しく思います。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録