タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が聖徳学園中学・高等学校で採用

タブレット向け授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が聖徳学園中学・高等学校で採用

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、聖徳学園中学・高等学校(東京都武蔵野市)に導入された。

聖徳学園中学・高等学校は、「自らの強みを伸ばし、世界とつながり、新しい価値を生み出す人材の育成」を教育目標に掲げ、ICT教育など新しい学びを積極的に実践している。

聖徳学園中学・高等学校では、2015年度から中学1年生を対象にiPadによる一人1台環境をスタート。

その後、段階的に一人1台の取り組みを広げ、現在は中学1年生から高校1年生までがiPadを所有するようになった。高校生に対しては、授業支援システムに「MetaMoJi ClassRoom」を導入し、多くの教科で日常的に使用されている。

生徒と教師のコミュニケーションを豊かにし、ICTのメリットを発揮できる「MetaMoJi ClassRoom」で授業の質を高めている。

MetaMoJi ClassRoomについて

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリ。

小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録