ポピンズホールディングスがテンプスタッフ・ウィッシュの全株式を取得、保育・教育施設 全国301ヶ所展開へ

ポピンズホールディングスが テンプスタッフ・ウィッシュの全株式を取得

株式会社ポピンズホールディングス(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:中村紀子)は、保育所の運営や保育者の派遣紹介サービス等を行うテンプスタッフ・ウィッシュ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:細田鋼司)の全株式をパーソルホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:水田正道)より3月29日に取得、同日、テンプスタッフ・ウィッシュ株式会社は、株式会社ウィッシュと名称変更する。

ウィッシュのポピンズホールディングスグループ入りにより、2019年4月1日時点でポピンズグループが全国で運営する保育・教育施設数は301ヶ所、高齢者向け施設は5ヶ所となる予定。

ポピンズホールディングスの、テンプスタッフ・ウィッシュの全株式取得の背景

ウィッシュは2001年5月に保育・子育て支援サービスを提供する会社として設立された。

多くの子どもたちの健やかな成長と、保護者の子育てと仕事の両立、そして1人1人の保育者が仕事を通して成長し社会に貢献することを願い(wish)として事業を行ってきた。

2019年4月1日時点で、首都圏において保育所7ヶ所(認可保育所6ヶ所、事業所内保育所1ヶ所)に加えて、学童クラブ、児童館、一時保育施設から、高齢者施設まで、合計86ヶ所の運営を行っている。

ポピンズホールディングスは、1987年に子会社である株式会社ポピンズがナニー(教育ベビーシッター)派遣を開始したことからスタート。

子どもたちの優れた知能を見つけ伸ばすために、0歳から教育と保育を融合させた「エデュケア」を取り入れ、質の高いナーサリースクールを実践している。

現在では、認可・認証・事業所内保育所から、学童施設やインターナショナルプリスクールの運営まで、日本で唯一、フルラインの施設を全国で提供している。また、高齢者在宅介護ケアサービス「VIPケア」や、最先端の海外幼児教育を社会に還元する教育研修サービスなども展開している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録