COMPASSのAI型タブレット教材「Qubina」、文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定校 青翔開智中学校・高等学校への導入決定

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」、文部科学省スーパーサイエンスハイスクール指定校 青翔開智中学校・高等学校への導入決定

株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)が提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、鳥取県の私立中高一貫校 青翔開智中学校・高等学校(所在地:鳥取県鳥取市、理事長 横井 司朗)の指導の一環として採用され、2019年4月より利用開始される。

青翔開智中学校・高等学校は、テクノロジーが進歩するこれからの時代を見据え、子どもたちの創造的思考と探究力を育む教育に力を入れており、文部科学省より科学技術や理科・数学教育を重点的に行うスーパーサイエンスハイスクールに指定されている。

本校では、教科学習と探究学習を両立する中で生徒の学習意欲向上と基礎学力の強化、数学の教員不足解消・業務負荷軽減を目的として、Qubenaを採用した。

さらに、中高一貫校ならではのカリキュラムや習熟度別クラス編成といった学校の特徴に合わせ、Qubenaの活用方法を使い分けることで、より高い学習効果を実現。再来年度以降は高等学校を含む他学年への導入も目指している。

青翔開智中学校・高等学校 安岡教務主任コメント

生徒や教員の時間確保のツールとして、既存の学習はAI(人工知能)に任せたいという考えから検討が始まりました。生徒にとっては最適な演習時間と振り返りを、教員にとっては業務軽減による授業開発の時間を提供できると考えました。
Qubenaの魅力は、細かに分かれた難易度の問題の中から出題されるため、生徒一人ひとりが最適な難易度で学習できることです。これまでは数学が苦手な生徒も高校数学まで理解できる生徒も、同じように授業で教えなければなりませんでしたが、Qubenaでは個々の習熟度に応じた学習ができるため、生徒の学習意欲を保つことができます。さらに、教員が生徒の学習状況を把握することができ、適切な場面で指導できる点が助かります。学習がよく出来ている生徒にも声を掛ける機会が生まれるので、学習意欲の向上に繋げたいと考えています。
教員としても、 “授業→宿題→チェック→補習” というプロセスの中で、授業の演習準備や宿題の準備・丸つけ・確認、補習の準備までの業務を軽減でき、生まれた時間を授業開発や教材研究に充てることができると期待しています。
教育現場も新時代を迎えようとしています。全国の学校や塾には、Qubenaをはじめとしたツールによって、従来の枠にとらわれない柔軟な対応を考えていただきたいです。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録