プラススタイル、LEGO®と互換性を持ちプログラミング学習のできるブロック玩具「Cubroid」発売開始

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style」(プラススタイル)は、LEGO®と互換性を持ち、センサーなどを内蔵したプログラムできるブロック玩具「Cubroid」(キューブロイド、出品者:ヤベツジャパン、メーカー:cubroid)の販売を開始した。

Cubroidは、STEAM教育(科学・技術・工学・美術・数学の教育)に利用されているスマートブロックで、遊びながらプログラミングの基礎を直感的に学ぶことができる。

LEGO®と互換性のあるコードレスなブロックには、モーターやLED、スピーカー、近接センサー、照度センサー、タッチボタンなどを搭載。

子供たちの豊かな想像力でこれらを組み合わせ、ロボットや動物、乗り物などを作り出し、楽しく遊びながらプログラミング的思考を育むことが可能。

ブロックの動作を制御するにはコーディングを必要とするが、児童のプログラミング学習状況に合わせて、スマートフォンのドラッグアンドドロップ操作から、ブロックを有機的に組み合わせるタブレット操作、PC上でのスクラッチ開発まで、複数のコーディング方法を用意。そのため、学習状況に問わずプログラミングを楽しむことができる。