すららネット、心理・教育アセスメント「K-ABCⅡ」サービスを3月1日から提供開始

クラウド型学習システム「すらら」を開発・展開する株式会社すららネット(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:湯野川孝彦)は心理・教育アセスメント「K-ABCⅡ」サービスを2019年3月1日から提供開始する。

「K-ABCⅡ」サービス提供開始の背景

「すらら」はインターネットとPC/タブレットで学ぶ「無学年方式」の学習教材として、現在約6万人の生徒が利用している。

家庭学習サービスにおいては、学年に捉われない学習法や生徒に最適化するアダプティブ機能が、勉強を苦手とする児童をはじめ、不登校、発達障害で悩む家庭とも相性がよく、利用者が増加している。

現在、申込者の約半数が、子どもの発達が気になる家庭。

すららを導入している学習塾の先生「すららコーチ」が保護者と連携し、教材提供だけでなく、家庭での学習サポートにも力を入れている。

家庭学習サービスでは入会時に保護者へ児童の特性をヒアリングしサポートに役立てている。しかし、サポートを行っていると「保護者も気付いていない児童の認知特性がある」と感じる場面があることから悩みの深い家庭と向き合っていくためには、より確かな情報をもとに家庭をサポートする必要があるのではないかと考えるようになった。

そのため、2018年から社内の臨床心理を中心に知能検査を測定できるサービスに着目し、結果として「K-ABCⅡ」サービスを提供することに至った。

「K-ABCⅡ」とは

「K-ABCⅡ」は児童の発達を調べる検査のひとつ。

この検査が他の検査と異なる点は、検査結果を教育的働きかけに直接結び付けていること。発達障害があるかどうかを測るものではなく、児童の認知処理の仕方に加え、読み・書き・算数(数学)・語彙の学習習熟度を測定し学習支援に繋げていく。

検査結果から得意・不得意の発見、学習支援の方法や教材のアドバイス、「すらら」利用者には児童に合った学習プログラムにアレンジするなど結果を踏まえた家庭学習支援を提案する。