Smart Manage、スクール事業者向けのクラウド型管理システム「Smart Manage(スマートマネージ)」サービス開始

エデュケーショナル・デザイン株式会社のグループ会社である株式会社Smart Manageは、塾や英会話、プログラミング教室など、スクール事業者向けのクラウド型管理システム「Smart Manage(スマートマネージ)」のサービスを開始した。

スクール事業者は、お金の管理・人の管理・生徒へのコミュニケーションなど、多くの管理業務で多忙。

Smart Manageは、全ての管理業務を1つの管理画面で一元管理できる新しい仕組みを構築しており、管理業務に使っている時間の約70%ほどを削減することができる。また、クレジットカード決済を標準装備し、生徒情報と自動で紐付けることで入金管理や生徒登録も手間をかけずに管理することが可能。

「Smart Manage(スマートマネージ)」の特徴

管理工数が圧倒的に楽になる

振り込み依頼、入金確認などの手間がかからず、お金の管理がシンプルになる。また、入会情報から生徒の情報が管理画面にすぐに反映されるため、生徒管理も簡単。保護者からの未収金の心配もないため安心して利用できる。

キャッシュレス社会を見据えている

現代の保護者は、なるべくカード決済に集約したい方が増えている。また、日本政府は2025年までにキャッシュレス比率を40%まで高め、その後80%まで引き上げると宣言をしており、現金からカード(キャッシュレス)へという流れは加速していく傾向にある。

運営元は、小中学生向けプログラミングスクールの「D-SCHOOL」

「D-SCHOOL」の本部静岡校は、2014年の開校時より月謝の徴収は全てカード決済で保護者に好評。100%カード決済なので未収金も一度もなく、お金の管理・生徒の管理をデジタル化することにより生徒や教材と向き合う時間に集中している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録