30歳以下のエンジニア養成所「TechTrain」、新たにエンジニアコミュニティ5団体とアンバサダー提携

株式会社TechBowl(テックボウル)は、既存のエンジニアコミュニティに加え、新たに5つの団体とアンバサダー提携。合計15のエンジニアコミュニティや開発団体と技術勉強会、ハンズオンイベント、ハッカソンやキャリアセミナーを全国各地で共催し、プロのエンジニアを目指す30歳以下の学生や社会人の支援をしていく。

TechBowlでは、2019年1月7日(月)より30歳以下でプロのエンジニアとして就職・転職を目指す人を対象に、社会人ITエンジニアから無料で開発のアドバイスやコードレビュー・キャリア相談が受けられる「TechTrain(テックトレイン)」を開始。

20日間でユーザー登録数100人を突破。現在30社60人を超えるメンターが在籍している。

TechTrain(テックトレイン)とは

TechTrain(テックトレイン)は、プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)のスキルアップとキャリア支援の場。 業界で活躍する現役社会人エンジニアがメンターとなり、実践的なメンタリング、カリキュラムを提供している。

TechTrain(テックトレイン)利用のメリット

1.REALな学習

約30社60人を超える現役ITエンジニアメンターからリアルな仕事・技術について学ぶことができる。開発のアドバイスやコードレビューをしてもらいながらプロのエンジニアを目指すことができる。

2.CAREERの相談

エンジニア採用の経験豊富なキャリアアドバイザーにマンツーマンで就職・転職相談ができる。スキルや志向に合わせて40社以上のIT・Web系企業の情報提供する。15,000人以上の候補者と面談してきたTechTrain代表の小澤氏が直接面談を行っている。

3.COMMUNITYへの参加

開発団体とのコラボ勉強会、メンターとの交流会等を通じて様々なエンジニアコミュニティに参加ができる。今回提携する5団体を加え、全国各地のエンジニアコミュニティ15団体とアンバサダー提携、全国各地で順次開催していく。

TechTrain(テックトレイン)に新加入する5団体

  • Cpaw
  • Gear
  • GLEAP
  • KSA(Kyushu Student Association)
  • traP(東京工業大学デジタル創作同好会)