埼玉大学STEM教育研究センター、「第3回 STEM Education Conference」を3月2日・3日に開催

ものづくりの活動を通した教育方法に関する研究開発などを推進している埼玉大学STEM教育研究センター(事務局所在地:埼玉県さいたま市、センター代表者:野村泰朗)は、2019年3月2、3日(土・日)に埼玉大学総合研究棟にて第3回STEM Education Conference を開催する。

STEM Education Conferenceではロボットと未来研究会に通う約100名の子どもたちが半年間の研究成果を発表する研究発表会、大人、教育関係者向けに実施するMEATS Café、センターの実施した事業報告会、STEM教育・プログラミング教育に関わるシンポジウムを実施する。

ロボットと未来研究会 概要

ロボットと未来研究会は埼玉大学STEM教育研究センターの実施するSTEM教育に関する実践研究とアウトリーチ活動として地域の子どもたち向けに提供している学びの場。

毎年、年間2期(1期15回)の活動を行なっており、今回のカンファレンスでは2018年10月から始まった第34期の活動に参加した、年中から高校生までの約110名が2日間をかけて研究の発表を行う。初めての参加者の多い入門コースと継続でより難しい研究に挑戦している研究コースの研究員が1人1人、自分の研究成果を発表します。

発表コース(入門)

ゲームクリエーター、宇宙エレベーター、レゴロボット(ロボみら)、レゴロボット(EV3)、プラダンロボット、映像クリエーター、KIDSエクスプローラー

発表コース(研究)

人工筋肉の研究、2足歩行ロボットの研究、水陸両用車の研究、オリジナルゲーム作り、Unityゲームプログラミング、サッカーロボット、宇宙エレベーター、FLL出場報告 など

保護者・教育関係者向けの講演会 概要

2020年からの必修化が掲げられ話題になっているプログラミング教育やアメリカなど欧米を中心に世界的にも話題になっているSTEM教育について最新の情報発信の場として特別講演会、事業報告会、シンポジウムを実施する。

特別講演会では「夢を形にしたロボホン開発現場から教育へのメッセージ」をテーマにシャープ株式会社のロボホン開発チームの景井美帆(シャープ株式会社IoT HE事業本部IoTプロダクツ事業統轄部 市場開拓部 )による講演会を行う。

また、事業報告会では2018年度、埼玉大学STEM教育研究センターが実施した文科省「新時代の教育のための国際恊働プログラム」の最終報告会を行う。

埼玉県内、さいたま市内の8名の先生(小学校から高校まで)とアメリカにて2度、STEM教育の研修を実施した。1回目は2018年8月にボストンのタフツ大学のCEEO(Center of Engineering Education Outreach)にて1週間の教員向けの研修プランに参加。2回目は2019年1月にユタ州(プロボ近隣)の大学や学校で実施されているSTEM教育のプログラムの見学や現地の先生との交流を実施。

STEM教育、最先端とも言われるアメリカで日本の先生が学んだこと、またその知見をどのように日本の教育に生かしていくことができるかということについて報告を行う。

その後のシンポジウムでは「日本型STEM教育とこれからの学校・教員」をテーマに有識者や教育関係者がこれからの教育の未来について会場と一緒に議論していく。

その他のイベント・ワークショップ

MEATS Café

(2日18:00〜)大人向けに教育についてコーヒを飲みながら語り合う。

子ども向けワークショップ「ブロック道場」

(3日:午後)30年間、玩具に関わってきたおもちゃのプロフェッショナル「ブロックはかせ」が行うブロックワークショップ。

Pepper先生ロボット教室

Pepperが簡単なロボット作りを教えてくれる教室。