LITALICOが韓国のスタートアップOlive Union,Inc.と戦略的アライアンスを締結、Olive社はLITALICOの持分法適用会社に

リタリコのロゴ

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)は、“聞こえ”の課題の解決に向けたスマートデバイスを開発する韓国のスタートアップ企業「Olive Union, Inc.」との戦略的アライアンスを締結した。

本アライアンスに基づき、Olive社はLITALICOの持分法適用会社となり、LITALICOはOlive社製品の日本を含むグローバルでの展開を支援していく。

Olive社とスマートデバイス「Olive」について

世界的な高齢者人口の増大等により、“聞こえ”に課題を抱える人の数も増加の一途を辿っている。

Olive社は、2016年7月に創業。世界中の“聞こえ”の課題の解決に向けて、スマートフォン連携を前提に設計され、高性能で安価、さらにデザイン性にも優れた革新的なスマートデバイス「Olive」を開発し、現在、韓国での販売を開始している。

LITALICOとOlive社との戦略的アライアンスについて

LITALICOは、Olive社の取り組みが多くの人の“聞こえ”の課題を解決し得るという点でビジョンと高い親和性があると判断、加えて技術力の高さなども評価し、昨年8月に投資を実施した。

その後、米国・韓国での事業進捗が順調であり今後の成長性も高く、本プロダクトが世界中の“聞こえ”の課題を解決する可能性があると判断し、協議を進めた結果、今回の戦略的アライアンスの締結に至った。

これによりLITALICOはスマートデバイス「Olive」のグローバル展開を支援し、世界中の“聞こえ”に関する課題解決に向けた取り組みを進めていく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録