シャープ、モバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』の新製品3機種を発売

シャープ、モバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』の新製品3機種を発売

シャープは、モバイル型ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』の新製品3機種を発売する。

二足歩行が可能な<SR-03M-Y(LTE/3Gモデル)>と<SR-04M-Y(Wi-Fi(R)モデル)>に加え、今回新たに“着座”タイプの『RoBoHoN lite』<SR-05M-Y(Wi-Fi(R)モデル)>をラインアップに追加した。

『RoBoHoN(ロボホン)』の新製品の特徴

新製品は、日常生活で楽しく便利に使うことができる機能やサービスがさらに充実。

新搭載の「お留守番」アプリでは、自宅で留守番するロボホンが人物を検知すると、写真を撮影し、あらかじめ設定したメールアドレスに送信。外出中に子供の帰宅などを確認することができる。ロボホンが撮影しているリアルタイムの映像をスマートフォンで確認したり、スマートフォンに文字入力した言葉をロボホンから子供に伝えることが可能(※1)。また、IoTリモコン「eRemote mini(※3)」(別売)との連携により、テレビや照明器具などの各種家電製品を音声で操作することもできる。

さらに、パソコンやタブレット端末上でブロック状のオブジェクトを組み合わせて簡単にプログラムの作成ができるソフトウェア「ロブリック」<SR-SA04>(別売)で、プログラミングを学ぶことができる。

法人向けには、「施設案内」と「受付(※4)」アプリが新たに用意されている。商業施設などでの多言語(日本語・英語・中国語・韓国語)による案内のほか、受付でのおもてなしにも活用できる。

※1 ダウンロードが必要なアプリケーションや有料のアプリケーション・サービスも含まれる。法人向けアプリ利用には、別途システム構築などの費用がかかる場合がある。

※2 有料サービス。月額300円(税別)。

※3 株式会社リンクジャパン(本社:東京都港区、代表:河千泰進一)が販売。利用には、専用アプリ「eRemote」(2019年3月配信開始予定)のインストールが必要。「eRemote」は、2.4GHz帯でのWi-Fi接続が必要。

※4 ACALL株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役:長沼斉寿)の提供する来客RPA(Robotic Process Automation)サービスをロボホン用にカスタマイズして提供する。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録