チエル、平成31年3月期第3四半期決算発表。売上高対前年-17.4%、営業損失2.6億円

チエルの平成31年3月期第3四半期決算短信のキャプチャ

チエル株式会社は、2月14日、平成31年3月期第3四半期決算短信を発表した。

連結売上高(累計)は10.7億円(対前年比-17.4%)、営業損失は2.6億円、経常損失は2.6億円となった。

利益率は、営業利益率-24.1%(前年同期0.2%)、経常利益率-24.5%(前年同期6.6%)だった。

国内受注案件に占める複数年契約の比率が前年同期よりも高まり、会計上の売上高に計上される金額が前年同期よりも0.9億円減少(当該受注分は前受金に含まれており、今後契約期間に応じて売上高に按分計上される)。加えて、海外における講義支援システムの販売が低調で、売上高が前年同期比で0.4億円減少した。

平成31年3月期の連結業績予想に修正はなく、売上高18.7億円(対前年比-6.8%)、営業利益0.0億円(対前年比-99.5%)、経常利益0.0億円(対前年比-100.0%)を見込んでいる。

   
チエルの平成31年3月期第3四半期決算短信のキャプチャ