アイエスエイとNexSeedが業務提携、取り組みの一環として「英語×プログラミング教育セミナー」を3月28・29日開催

海外・国内教育研修や留学・ホームステイ等、グローバル教育支援に取り組む株式会社アイエスエイ(東京都港区、代表取締役 倉橋 勝、以下「アイエスエイ」)は、フィリピン・セブ島で国際的に活躍できる人材育成を目的とした新しいカタチの留学・学校事業を展開するNexSeed.Inc(フィリピン・セブ島、代表 高原 大輔、以下「NexSeed」)と業務提携した。

この提携による取り組みの一環として、2020年の教育改革で施行が決定された小学校プログラミング授業必須化に向けた「英語×プログラミング教育セミナー」を、3月28日、29日に開催する。

アイエスエイとNexSeed 業務提携の背景

アイエスエイは、これからの子どもたちがグローバル社会で活躍するために絶対的に必要な能力を、英語力、デジタルリテラシー、リーダーシップの3つと考えている。

これらを総合したものをグローバルリテラシーと捉え、これからの国際社会において必須スキルとなるグローバルリテラシーを、日本の子どもたちがしっかりと身につけることができる教育の重要さを提唱している。

実績47年のグローバル教育支援と留学・教育旅行の専門会社であり、全国の教育現場で国際教育の真のパートナーを目指す株式会社アイエスエイは、グローバルで活躍できる人材育成を目指し、世界で通用するエンジニアの育成等、デジタルリテラシーでも大きな強みを持つNexSeedとの提携により、2020年の日本の教育改革に対応した生徒個人向けの海外短期ツアーや各種国内研修、教員対象研修や教育カリキュラム導入など、時代の流れを捉えた価値の高い充実した教育支援を行っていく。

「英語×プログラミング教育セミナー」開催概要

本セミナーでは、グローバルに活躍するNexSeedの現役エンジニアの平井氏と森井氏の両氏が講演、先進国のIT教育事情をはじめ、海外から見た日本のIT教育の現状と、日本の深刻なIT人材不足など様々な課題・問題点を詳しく紐解き、教育における解決策を探る。

これからプログラミングを学ぶ日本の子どもたちのプログラミング思考を育成する独自のカリキュラムと指導メソッドを公開し、これからの英語教育・IT教育の「ベスト・プラクティス」を考える。

期間

  • 2019年3月28日(木)東京会場(ISA 品川本社)15:00~17:30
  • 2019年3月29日(金)大阪会場(ISA 関西支社)15:00~17:30

定員

30名 ※満席になり次第受付終了

対象

私立小学校・中学校教職員および教育委員会関係者

講師

NexSeed エンジニア平井 真哉氏、NexSeed エンジニア森井 宣至氏、ISA教育サービス統括本部長 平田 敏之氏

費用

参加無料