SB C&S、プログラミング家庭学習用教材などをセットにした「micro:bit はじめてセット」と「micro:bit アドバンスセット」を発売

SB C&S株式会社(旧社名:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)は、手のひらサイズのプログラミング学習用のコンピューターボード「micro:bit(マイクロビット)」に、家庭学習用のオリジナル教材と機能を拡張できるアイテムをセットにした「micro:bit はじめてセット」と「micro:bit アドバンスセット」を、「SoftBank SELECTIONオンラインショップ」で2019年2月22日に発売する。そのほか、家電量販店やAmazonでも販売する。

なお、SoftBank SELECTION オンラインショップでは、2月15日から予約の受け付けを開始している。

micro:bitとは

micro:bitは、教育用のコンピューターボードで、誰でも直感的にプログラミングを学べる教材として、英国では小学校5~6年生全員に無償配布されるなど世界40カ国で活用されている。

本体にLEDや磁気センサーなどを搭載しているため、パソコンで作成したプログラミングを実際にmicro:bitで確認することができる。また、センサーの追加や外部装置との接続により機能を拡張することができ、より高度で複雑なプログラミングを行うこともできる。

「micro:bit はじめてセット」「micro:bit アドバンスセット」商品説明

「micro:bit はじめてセット」と「micro:bit アドバンスセット」は、2020年の小学校でのプログラミング教育必修化に向けて、micro:bit本体とロボット教育学の第一人者である相模女子大学小学部の川原田 康文副校長と共同開発した、家庭で学べるmicro:bit専用の教材をセットにした商品。

プログラミング学習の経験がない保護者でも、教材に沿って簡単に子供に教えることができ、学習効果を高めることができる。

教材はレッスン1からレッスン6までの6段階で構成されており、「micro:bit はじめてセット」はmicro:bitに搭載されている機能を活用して学習を行うレッスン4まで対応し、「micro:bit アドバンスセット」は付属のアイテムで機能を拡張し、さらに学習領域を広げるレッスン6までのすべての内容に対応している。

取り扱い販売店

ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機 ※一部店舗を除く

価格

  • 「micro:bit はじめてセット」 4,980円
  • 「micro:bit アドバンスセット」 6,980円