早稲田大学産業経営研究所、パネルディスカッションに「MetaMoJi ClassRoom」を導入

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)の提供するリアルタイム授業支援アプリ「MetaMoJi ClassRoom」が、早稲田大学 産業経営研究所(東京都新宿区)に導入された。

「MetaMoJi ClassRoom」導入の背景

昨今、早稲田大学 産業経営研究所が行うフォーラムでは、パネルディスカッションにMetaMoJi ClassRoomが活用されている。

通常、パネルディスカッションといえば、モデレーターが投げかけた質問に対して、パネリストが一人ずつ自分の意見を述べるのが一般的だが、同研究所のフォーラムではiPadとMetaMoJi ClassRoomを導入し、パネリストの意見を視覚的にわかりやすく伝えている。

パネリストの書く様子をリアルタイムで会場も共有でき、観客の参加感が高まるディスカッションができると好評。

MetaMoJi ClassRoomについて

「MetaMoJi ClassRoom」は、子どもの成長や授業内容にあわせ、シンプルなノート機能から、高度な協働学習まで幅広く柔軟に対応できるリアルタイム授業支援アプリ。

小学生低学年から中高生まで、タブレットを活用したアクティブ・ラーニングを支援する。

「MetaMoJi ClassRoom」は教育機関向けの授業支援アプリという位置付けの製品であると同時に、職員会議、教授会、学会、研究会など授業支援以外の用途でも利用できる、汎用性の高いリアルタイム情報共有システムである。