タブレット教材「RISU算数」で、日本数学検定協会とRISU Japan共同開発の「算数検定マスター判定」がリリース

公益財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、RISU Japan株式会社(所在地:東京都文京区、代表取締役:今木 智隆)が提供しているタブレット教材「RISU算数」において、学習者が実用数学技能検定(算数検定)を受検する際の目安となる階級が自動判定されるサービス「算数検定マスター判定」を共同開発し、2019年2月12日(火)にリリースした。

「算数検定マスター判定」概要

名称

「算数検定マスター判定」

対象

「RISU算数」利用者(RISU会員)

内容

学習レベルを成績スコアから自動判定し、算数検定の受検階級を推薦するシステム。

タブレット教材「RISU算数(リス算数)」とは

タブレット教材「RISU算数(リス算数)」は、こども1人ひとりに合わせて変化する教材で、 ジャストフィットの学びで苦手をなくす。

さらに、東大生らトップチューターの手厚い個別フォローで平均2学年以上を先取り。

学年の枠にとらわれず基礎から受験レベルの応用問題まで学習できる。