東京書籍と日経BPとTREEが『EduTown SDGsアライアンス』を発足、SDGs教育を推進

東京書籍株式会社(本社:東京都北区、代表取締役社長:千石 雅仁、以下 東京書籍)、株式会社日経BP(本社:東京都港区、代表取締役社長:新実 傑、以下 日経BP社)、株式会社TREE(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役:水野 雅弘、以下 TREE社)は、子どもたち向けにSDGsを題材とした教育を推進するための『EduTown SDGsアライアンス』を発足させ、パートナー企業とともに活動を開始した。

『EduTown SDGsアライアンス』目的と背景

このアライアンスは、2015年に国連サミットで採択された「2030年までの持続可能な開発目標(SDGs=エス・ディー・ジーズ)」を題材として、次期学習指導要領に掲げられた「持続可能な社会の担い手」の育成を目指す教材を制作し、小・中学校へ配布して、持続可能な社会づくりに貢献できるよう子どもたちを育むことを目的としている。

SDGsは社会・経済・環境の三側面における新しい価値を創出するものとして、多くの企業や自治体が推進している。

一方、SDGsに関する子どもたち向けの情報や教材、カリキュラムが不足しており、SDGsへの取り組みを次世代へ伝え、未来の担い手を育成していくことが課題となっている。

『EduTown SDGsアライアンス』の取り組み

SDGsを推進するパートナー企業や自治体の製品や技術などの具体的な取り組みをSDGsと関係付けて解説し、子どもたちが実感をもって学べる教材を作成する。

日経BP社では『日経ESG経営フォーラム』や子育て家族向けの雑誌『ecomom』のスタッフが記事を制作し、TREE社は映像サイト「SDGs.TV」で培った動画制作ノウハウを活かして動画コンテンツを制作する。

これらのコンテンツを教材化して東京書籍が運営する教育総合サイト『EduTown(エデュタウン)』にて配信するほか、冊子にして全国の教育現場へ無料配布する。

このアライアンスには既に4社が参加を予定しており、今後は参加するパートナー企業をさらに広く募集し、「持続可能な社会」を実現するための未来の担い手づくりを支援していく。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録