大手門学院大手前中・高等学校の福田哲也教頭、小中高連携でロボットプログラミング授業を実施

国際的なロボットコンテストに5年連続で出場し、「世界一」にもなった追手門学院大手前中・高等学校(大阪市中央区、校長:原田哲次)が、併設校である追手門学院小学校(大阪市中央区、校長:井上恵二)において5年生向けのロボットプログラミングの授業を行う。

指導は追手門学院大手前中・高等学校の 福田哲也教頭が担当。

福田教頭はロボットサイエンス部の顧問で、国際的なロボットコンテストである「WRO」世界大会に5年連続で出場し、昨年11月には中学生・高校生の2チームをそれぞれ世界第5位、昨年春に開かれた「FLL世界大会」では総合優勝へと導いた。

当日は将来小学校教員を目指す大学生もサポートに入る。

児童3人一組がチームを組み、あらかじめ組み立てられた自律型ロボットをプログラミングで動かして、大阪城をテーマにしたミッションに挑戦する。

小中高連携 追手門学院小学校5年生 ロボットプログラミング授業概要

日時

  • 2019年2月12日(火)①9時5分~10時30分、②13時45分~15時10分
  • 2019年2月13日(水)③9時5分~10時30分、④10時50分~12時15分

会場

追手門学院小学校

対象

追手門学院小学校5年生140名(4クラスそれぞれクラス別に実施)

指導

追手門学院大手前中・高等学校 教頭・ロボットサイエンス部顧問 福田哲也

   

Twitterで