超教育協会とデジタル教科書教材協議会が合併、未就学児から社会人までの教育改革を推進する組織へ

一般社団法人デジタル教科書教材協議会(以下DiTT)と一般社団法人超教育協会の両団体は、2019年4月1日をもって合併し、超教育協会として活動することになった。

今般の合併により、IT人材育成策やAI・ビッグデータ・ブロックチェーン等先端技術の教育への導入策など、ITはじめテクノロジーと教育に関する研究、啓発、政策提言などを進める民間の連携体制を構築し、未就学児から社会人までの新たな学びを提示していく幅広い教育改革を推進する組織となる。

今後の超教育協会の活動

超教育協会は、DiTTの活動を全て継続・発展させるとともに、以下の活動を行う。

  1. 初等中等教育だけでなく、幼児教育から高等教育・リカレントなど全世代にわたる教育の環境整備
  2. IT化・スマート化に次ぐ、AI、IoT、ビッグデータ、VR/AR、ブロックチェーン等先端技術の教育利用推進
  3. 学校の枠を超えて塾・職場・家庭が連動するリアル+オンラインの学習環境のデザイン
  4. 産業界が求めるIT人材・AI人材の育成、企業人のIT研修の強化
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録