ベストオブeラーニングアワードでWebセミナーシステム「Adobe Connect」が最優秀賞を受賞

株式会社サムライズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:谷 利太郎)は、Adobe Systems Incorporated(Nasdaq:ADBE、本社:米国カリフォルニア州)製のWebセミナーシステムAdobe Connectが、eラーニング市場で最高のソリューションを表彰するベストオブeラーニングアワード2018において、バーチャル教室分野の最優秀賞を獲得したことを2019年2月5日に発表した。

eラーニングアワード2018では、Adobe Connectの受講者の参加状況をモニタリングし計測する機能や、バーチャル教室の自由度の高いカスタマイズ機能、そうしたバーチャル教室が永続的に使える点のほか、直観的に操作できるツールによるライブセッション管理機能などが評価され、バーチャル教室分野の最優秀賞を獲得した。

サムライズは、アドビシステムズ社のWebセミナーツール「Adobe Connect」を取り扱う国内で唯一の特別販売代理店。

Webセミナーシステム「Adobe Connect」とは

Adobe Connectは世界中の企業、教育機関、政府機関などで広く利用されているWebセミナー・Web会議システム。

インターネット環境があれば、あらゆるデバイスからブラウザを利用してWebセミナー・Web会議を開催できる。

Adobe Connectは、バーチャル教室や大規模Webセミナー、Web会議など、オンラインでのコラボレーションを提供するWebセミナー・Web会議システムで、毎月250万人のユーザーがグローバルに利用している。

また、Adobe Connectでは、Microsoft PowerPointのプラグインであるAdobe Presenterを使ってPowerPointスライドから簡単に学習コンテンツを作成できるほか、Adobe Captivateを利用すればより魅力的なオンデマンド学習コンテンツを作成してデプロイできる。

ベストオブeラーニングアワード(Best of Elearning! Awards)とは

ベストオブeラーニングアワードは毎年eラーニング製品やサービスから最高のソリューションを表彰するアワードで、2006年以来Elearning!Magazineが毎年発表している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録