シンドバッド・インターナショナルの「家庭教師メガスタディオンライン」で、脳波で学習中の集中度合がわかる解析ツールを用いた世界初の共同実証実験開始

株式会社シンドバッド・インターナショナル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:山田博史)が運営する「大学受験専門・家庭教師メガスタディオンライン」は、株式会社ニューロスカイ(本社:東京都中央区、代表取締役 伊藤菊男)と提携し、フィンランド式学習メソッドである脳波解析ツール「Effective Learner(エフェクティブ・ラーナー)」を用いた共同実証実験を2019年2月1日より開始した。

メガスタディが展開する「オンライン遠隔双方向教育」において脳波解析ツールを導入するのは世界初の試みであり、文部科学省や経済産業省でも推進する「EdTech(教育×TECH)」を推進していく上でも、教育関係者からの大きな注目を集めている。

共同実証実験の目的

日本の教育現場で実際に導入されるのは初めての試みとなる脳波解析ツール。今回の導入で脳波解析ツールがどこまで寄与できるか検証する。

家庭教師メガスタディオンラインで提供する「遠隔マンツーマン授業」において、脳波解析ツール「Effective Learner(エフェクティブ・ラーナー)」を利用し、授業中の集中度合いや興味度合いを計測して脳が学習に適切である状態である「脳の学習効率度」をリアルタイムに計測。

「生徒の表情」や「リアクション」等からだけでは把握しきれない「脳波」を計測し、講師や授業管理スタッフにフィードバックすることで、授業品質の改善や学習効果の向上を目指す。さらに、生徒本人にも授業時間のなかでどこで集中力が落ちていたか等の計測結果をフィードバックし、復習の効率化等が実現できるかも検証していく。

脳波解析ツール「Effective Learner(エフェクティブ・ラーナー)」とは

世界一の教育先進国フィンランドの学習ツール認定機関の「KOKOA」に認定された脳波解析ツールとして認められた「Effective Learner」。

フィンランドの教育イノベーションファームEDAFINとパートナーシップを組み開発された新しいフィンランド式学習支援メソッド。

ニューロスカイの脳波テクノロジーとEDAFIN の教育ノウハウのコラボレーションにより、 全く新しい学習ソリューションを生み出すことに成功し、フィンランド式学習メソッドで2倍の学習効果も実現している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録