アオバジャパン・バイリンガルプリスクール早稲田キャンパスが、国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)の認定校に承認

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)は、BBTグループのアオバジャパン・バイリンガルプリスクール早稲田キャンパス(校長:大谷卓也、以下AJB早稲田)が、2019年1月31日をもって、国際バカロレア初等教育プログラム(PYP)の認定校として承認されたことを発表した。

アオバジャパン・インターナショナルスクール(校長:Ken Sell、以下アオバ)をはじめとするBBTグループでは、21世紀を担う子どもたちにとって必要な素養を多様なプログラムを通して提供しており、バイリンガル教育や探究型学習を重視している。

2016年8月に開校したAJB早稲田キャンパスでも、”Be the best you can be. / 一人ひとりのベストな才能を開花しよう”との理念を掲げ、生徒の内発的な動機による学習行動を促すよう工夫されたカリキュラムを提供している。

今回AJB早稲田は、子どもたちにとって、さらに広い視野で物事をとらえ、自ら主体的に考えて自己表現する力の習得を支援するカリキュラムを提供していることが認められPYPに認定された。

AJBについて

BBTの連結子会社、現代幼児基礎教育開発株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役:柴田巌)が運営する、1歳から年長生までを対象に日英バイリンガル教育を実践するプリスクール。

2018年4月三鷹市に新規開校。

発達段階に応じたテーマを「探究→行動→振りかえり」のサイクルで深めていく探究型学習を軸としたプログラムを行っている。子どもたちの可能性を拓く体育・水泳・音楽・リトミック・ダンス等の専門プログラムも時間内に行っている。