オンライン英会話「vipabc」受講生に、英字新聞 『The Japan Times Alpha』 が提供されるサービス開始

“AI×ビッグデータ”によるオンライン英会話レッスン「vipabc」(ブイアイピーエービーシー)を運営するVIPABC株式会社(本社:東京都千代田区)は、「vipabc」のレッスン受講者に、株式会社ジャパンタイムズが発行する週刊英語学習紙「The Japan Times Alpha(以下、Alpha)」を提供するサービスを2019年2月1日より開始した。

Alphaは、VIPABC株式会社から受講生に無料で提供され、株式会社ジャパンタイムズが受講生の自宅まで毎週配送する(新聞休刊日除く/日本国内限定)。

Alphaが提供されるのは、「vipabc」<楽々プラン>(1年または2年以内に100~320レッスンを受講するプラン)の契約者で、レッスン契約期間中は毎週Alphaが自宅に配送される。

オンライン英会話「vipabc」とは

ビッグデータとAIを活用し、個々の利用者がもっとも効率的に英語力を伸ばすためのレッスンを提供。

独自に開発した自動コース生成システム(DCGS:Dynamic Course Generation System)と、過去のレッスン実績ビッグデータを用いて、利用者のニーズ、職業、趣味、レベルなどに合わせた最適な講師、教材およびクラスメートを自動でマッチングさせている。

利用者は世界135か国におよび、レッスン実績はのべ1億8000万回。また、講師は3万人全員が国際英語教授法(TESOL)資格を保有。また、80か国に講師が在籍しているため、24時間365日、いつでも英会話レッスンを受講できる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録