国内で留学体験できる『ENGLISH DAY CAMP』を駅前留学NOVAが全国35ヶ所で開催

NOVAホールディングス株式会社のグループ会社で英会話事業を行う株式会社NOVA(本社:東京都港区、代表取締役社長:隈井 恭子)は、今春3月25日~4月5日にかけて、中高生向けに春の特別プログラム『ENGLISH DAY CAMP(イングリッシュ デイ キャンプ)』を全国35ヶ所で開催する。

英語教育が根本的に見直される2020年の教育改革が目前に迫る今、英語での思考力・表現力が求められている。長い間、英語はlistening(聞く)・speaking(話す)・reading(読む)・writing(書く)の第4技能として考えられてきたが、教育改革の新指導要領ではspeaking(話す)がinteraction(対話)とproduction(発表)に分けられ、4技能5領域を総合的に学ぶことが目標とされている。

本キャンプは、「知識をインプットする」、「フォーカスした内容の表現を練習する」といったレッスンとは全く異なり、海外の学校でのワークショップのように、「英語をツールとして使い、様々なトピックスについて自分の意見をまとめて発表したり、人と議論する」という経験を積むことで、これからの英語教育で求められるinteraction(対話)はもちろんproduction(発表)スキルを磨くことができるプログラムとなっている。

中高生に対して、これからより必要とされる『英語で考え・発信する力』を習得できる環境を提供することは、全国に英会話教室を展開する当グループの大きな役割と考え力を注いでいる。

中高生向け『ENGLISH DAY CAMP』の概要

日程

3月25日~4月5日 (1日/3日間/5日間から選択)
※会場により日程が異なります。

開催会場

下記全国35校舎で開催

北海道・東北

NOVA札幌サンシャイン本校、仙台定禅寺通り校

北関東

NOVA小山校、守谷イオンタウン校、水戸校、伊勢崎校

東京

NOVA吉祥寺校、三軒茶屋校、北千住校、茗荷谷校、門前仲町校、日暮里校、南大沢校

関東

NOVA京急川崎校、津田沼校、大宮校

甲信越

NOVA新潟県央イオン校

東海

NOVA名駅校、知立堀切校、静岡駅前校、可児パティオ校、ジオス岐阜オーキッドパーク校

関西

NOVA大阪第4ビル校、天王寺校、京都駅前校、近江八幡アクア校、三宮校、西宮北口校

中四国

NOVA岡山駅前校、広島本通校、高松ゆめタウン校

九州

NOVA博多駅前校、小倉校、大分駅前校、鹿児島中央駅前校

開催時間

1日4レッスン(13:20~16:30) ※一部日程により異なる。

参加者

各日最大8名

受講対象

新中学生~高校生 ※NOVA内部生、外部生

中高生向け『ENGLISH DAY CAMP』のプログラム内容、学べること

テクノロジー

2020年オリンピックに向け、実用的なドローンを開発する。どのような製品なら実用的かを考え、デザインからプレゼンまでに取り組む

学べること:プレゼンテーションのスキル

環境問題

学校で取り組める身近な環境問題の解決方法について、紙を減らすには、水を無駄遣いしないためには、という簡単に取り組める環境問題についてアイデアを出し合う。

​学べること:ディスカッションのスキル

グローバル化

2025年のエキスポに向け、日本のパビリオンを設計する。パビリオンのデザインをし、入り口から出口まで、どんな体験ができるのかを順を追って説明する。

​学べること:順を追って説明するスキル

社会問題

SNSの賛否について専門家にインタビューをする。専門家にインタビューをするというテーマで、質問の内容を考え、礼儀正しく質問をする。

​学べること:インタビューのスキル

教育

理想の専門学校をデザインする。理想の学校を設計し、ルームの位置やそれの使用目的などについてガイドをする。

学べること:ガイドや説明をするスキル