アーテック、小2以下向け「デジタルアート×プログラミング講座」を2019年4月に新規開講

幼稚園・保育園及び小学校・中学校・高校教材の総合メーカー、株式会社アーテック(本社所在地:大阪府八尾市、代表取締役社長:藤原 悦)は、2019年4月より5~7歳を対象としたデジタルアート×プログラミング講座『テクノプレイキッズ』を開講する。

カリキュラムの開発にあたっては、絵具・画材の総合メーカー、ターナー色彩株式会社(本社所在地:大阪府大阪市、代表取締役社長:松村 隆)との業務提携契約を締結し、教育現場でも広く活用される自社開発教材アーテックロボと、絵具や色彩学習に関するターナー色彩の知見とノウハウを持ち寄り、より多くの子どもたちが楽しみながら学べるプログラミングコンテンツとして内容の精査を進めていた。

『テクノプレイキッズ』とは

『テクノプレイキッズ』は、子どもたちが遊び感覚で楽しみながらプログラミングやアート体験ができる教室。

ターナー色彩が指描き用に開発した絵具『しろくまくん』を使って指先アートや手形アートを楽しみながら、描いた絵をタブレットに取り込むなどしてデジタル絵本やゲームのプログラミングを行う。

アナログアートとデジタルアートの両要素を取り入れたカリキュラムにより、論理的思考はもちろん表現力や創造力を育むことが可能。

プログラミングにはMIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボが開発した『ScratchJr』(スクラッチジュニア)を使用。

スクラッチジュニアは、子どもが自分自身で対話型の物語やゲームを作成することができる、低年齢向けのプログラミング言語。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録