BFTが提供するIT技術研修プログラム「BFT道場」がリニューアル

株式会社BFT(東京都千代田区:代表取締役社長 小林 道寛、以下BFT)は、2017年1月に提供を開始したIT技術研修プログラム「BFT道場」を、受講スタイルごとに「トレプラ」「チョイトレ」「ギノトレ」の3つの研修コースに分け、更にプログラム内容も充実させるリニューアルを行うと発表した。

「BFT道場」リニューアルの背景

BFTは2002年から日本国内のエンタープライズシステム設計、開発に携わっている。また、日本経済を支える企業のシステムを作ることに誇りを持ち、システム設計の知識を持つエンジニア育成を行ってきた。

ITインフラ技術の領域は広く、実際のシステムでは様々な技術が使われていることもあり、ITインフラ技術領域において採用した人材が即戦力にならないことが多くあった。

そのため、BFTではIT未経験者であっても2か月でITインフラエンジニアとして「自ら調べ仕事を進められる人材」まで育成することを目指し、実際のプロジェクトで活躍する現役SEが「実際の現場で必要な知識」とは何かを考え、オリジナルのIT技術研修「BFT道場」を構築した。

「BFT道場」の3つのコース

BFTでは、2013年からIT未経験者をインフラエンジニアに育成する研修プログラムの構築を進め、2017年1月より「BFT道場」の提供を開始した。

エンジニア未経験で入社した中途社員や新卒で入社した社員も数多く受講しており、100名以上のエンジニア研修から生まれた”即戦力として活躍できるエンジニアを育成する”ノウハウが凝縮されている。

今回は、その「BFT道場」の強みはそのままに、過去にも実施をしていたオンサイトトレーニングや1DAYハンズオン研修に加えて、定額制で受講し放題のコースも追加し、「トレプラ」「ギノトレ」「チョイトレ」の3コースとしてリニューアルする。

「トレプラ」

新人や若手社員を対象としたオンサイトトレーニング。未経験者を2か月で一人前のエンジニアに育成することを目的として作られた実践型の研修で本人の理解度を確認しながら、講師が個々のレベルに合わせ丁寧に指導を行う。

「ギノトレ」

BFTの現役SEが実際のプロジェクトで導入した技術ノウハウを基に作成された研修コンテンツで、最新の技術を活用する際に必要なポイントを1日で習得することが可能。研修内容はパブリッククラウドやAI、自動化、仮想化など、これからのシステム開発で必要な最新の技術が初級コースから応用コースまで用意されている。

「チョイトレ」

「トレプラ」や「ギノトレ」の研修コンテンツをより受けやすくした研修サービスで、受講者のスケジュールやレベルに合わせて研修を選択できる。

また、多くのエンジニアを抱えるIT企業でエンジニア全員に教育の機会を用意するためには多額の教育予算が必要になるが、当研修は企業規模に応じた月額定額制であり、受講人数や回数の制約がない。そのため、エンジニアひとりひとりに合わせて計画的なスキルアップを実現させることが可能。

100人未満の企業には、月額45,000円からサービス提供を行っている。

   

Twitterで