B Inc.が子供向けプログラミング教育ツール『IchigoJam』ver1.3をリリース

jig.jpグループのIchigoJamを用いたプログラミング学習に関する企画を行う株式会社B Inc.(本店:福井県鯖江市、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福野 泰介、以下 B Inc.)は、セットアップ不要・シンプル・安価なこどものプログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した『IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)』のver1.3を2019年1月25日よりリリースする。

『IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)』のver1.3リリースの背景

今回リリースするIchigoJam BASIC ver1.3では、インターネットインフラサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕、以下 さくらインターネット)のIoTプラットフォーム『sakura.io』を用いたデータのやり取りがより簡単にできるようになる。

sakura.ioは、モノとネットワークでデータを送受信するためのsakura.ioモジュール、通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するIoTのプラットフォーム。

従来のIchigoJamでは、sakura.ioモジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、コマンド一つで実現できる。また、sakura.ioモジュールとIchigoJam BASICを接続しやすくするためのIchigoJam互換機『IchigoSoda』(さくらインターネット製)を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験・利用できる。

IchigoJamの生まれた福井県鯖江市では、全12校の小学校のクラブ活動と、全3校の中学校の部活動としてすでにIchigoJamが導入されている。2020年の小学校でのプログラミング学習の必修化を受け、B Inc.は学校の先生向けの支援や、各地のワークショップに向けた学習教材、応用事例の紹介をより充実させていくことを目指す。

B Inc.とさくらインターネットは、IoTやAI、ビッグデータを活用したデータ事業での業務提携を2018年6月に発表している。今回のIchigoJam BASIC ver1.3発売はその一環。

『IchigoJam』とは

『IchigoJam』は小さなメモリ(RAM4KB)で動作するIchigoJam BASICをOSとして搭載したプログラミング入門用ワンボードマイコン。

ビデオケーブルでテレビにつなぎ、PS/2キーボードを差し込み、microUSBを電源としてつなぐだけで、プログラミングの学習を始めることができる。

NXP Semiconductors社のマイコンであるLPC1114FN28用のOS、IchigoJam BASICと『IchigoJam』の回路図を、自分で利用する人には無償で、プログラミング教材としてなど、第三者へ販売・提供する個人や企業向けにライセンス販売を行っている。