日本ディープラーニング協会、2019年第1回「E資格(エンジニア資格)」受験申込受付を開始

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(理事長:松尾 豊 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授、英称:Japan Deep Learning Association、以下JDLA)は、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定するE資格(エンジニア資格)「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2019 #1」を、2019年2月23日(土)に開催することを決定し、2018年1月23日(水)より申込受付を開始した。

本試験を受験するには、JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していることが条件となる。

2019年 第1回 E資格(エンジニア資格)について

名称

JDLA Deep Learning for ENGINEER 2019 #1

概要

ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する

受験資格

JDLA認定プログラム※を試験日の過去2年以内に修了していること

試験概要

全国の指定試験会場から、申し込み時に選択

出題問題

シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの問題(ソースコードを含む問題については、Pythonで記述され、かつChainer・TensorFlow等の機械学習系ライブラリに依存しない問題を出題)

受験料

一般:32,400円(税込)、学生:21,600円(税込)、会員:27,000円(税込)

試験日

2019年2月23日(土):2部制 申込時にいずれか選択(各部120分)

第1部 13:00-15:00、第2部 15:15-17:15

申込期間

2019年1月23日(水)0:00 ~ 2019年2月15日(金)24:00

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録