ディップがリカレント教育に関するアンケート結果発表、75%がリカレント教育を経験した・したいと思っている

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮)は、総合求人情報サイト「はたらこねっと」(https://www.hatarako.net/)において「はたらこねっとユーザーアンケート リカレント教育(学び直し)について」を実施した。

文部科学省が2018年7月より推進している「リカレント教育」(※1)は、基礎教育を終えて社会人になった後、就労に活かす為に再度学び直しをして就労するというサイクルを繰り返すことで、すでに2019年には実践的な職業教育の為の高等教育機関である「専門職大学」「専門職短期大学」の設置を予定している。

(※1)文部科学省ホームページ 「リカレント教育の拡充に向けて

そこで、「リカレント教育」の認知度や実際にどの程度活用されているのか、学び直したいのはどのような内容か、勤務先の実態等、はたらこねっとユーザーを対象にアンケート調査を実施した。

調査結果概要

75%の人が「リカレント教育」の経験がある、もしくはしたいと思っている。その理由に「新しいスキルを身に付けたいから」65%が最多。

「リカレント教育(学び直し)」の経験があるか、もしくはしたいと思うかどうかの質問に回答した1,314名のうち、「経験がある」17%、「したいと思う」58%と、あわせて75%が経験がある、もしくはしたいと思っている結果となった。(Q1)

また、Q1で経験がある・したいと思っている人のうち、その理由は「新しいスキルを身に付けたいから」65%が最多となり、「転職したいから」28%、「スキルをさらに伸ばしたいから」25%と続く結果となった。(Q2)

「今の仕事に関連する分野」などもQ1で経験がある・したいと思っている人を対象に、どのような内容か質問したところ「PCスキル」55%が最多となり、次いで「語学」39%、「今の仕事に関連する分野」34%と続く結果となった。(Q3)

「リカレント教育」を知っているかどうかの質問は「聞いたことがない」70%が最多となり、「聞いたことがあるし、理解している」人はわずか10%、「聞いたことはあるが、理解していない」20%と合わせて30%しかいない。(Q4)

また、勤務先で「リカレント制度」の支援制度があるか尋ねたところ、「制度がある」は9%となった。(Q5)さらに、「制度があると回答した3人に1人が「実際に活用した」結果となった。(Q6)

調査結果

Q1. リカレント教育の経験がありますか?また、リカレント教育をしたいですか?

Q2.リカレント教育を経験した・したい理由は?​

Q3.何について学び直しをしたいですか?

Q4.「リカレント教育」を知っていますか?

Q5.勤務先で「リカレント教育」を支援する制度はありますか

Q6.「リカレント教育」を支援する制度が実際にある中で、制度を活用しましたか?

はたらこねっとユーザーアンケート リカレント教育(学び直し)に関して

  •  実施機関:ディップ株式会社
  •  調査対象:はたらこねっとユーザー
  •  実施時期:2018年8月25日(土)~2018年10月14日(日)
  •  調査手法:インターネット調査
  •  有効回答数:1,314