ExPA、学生向け知識共有サービス「Ari Kiri note」β版をローンチ

株式会社ExPAは、学生の挑戦を支援するメディア「Ari Kiri media」に続く学生向けサービスとして、知識共有サービス「Ari Kiri note」をローンチした。本サービスでは、学生は自分の成果物(まとめノートやレポート等)を販売・購入・閲覧する事が可能。

より効率的な学業の実現、及び学生自身の成果物に価値をつける事により、より学生の本分たる学業に注力しやすい環境の実現を目指す。

「Ari Kiri note」サービス概要

ExPAは学生生活をより良くするサービスの開発、提供に注力しており、「Ari Kiri note」は、学生の挑戦を支援するメディア「Ari Kiri media」に続く第2弾の位置づけ。

本サービスにより、勤勉な学生は自分のノートに価値をつける事ができ、勉強によって金銭的なリターンを見込める様になる事で、より学業に注力しやすくなる。また、優秀な他学生のノートを購入し、活用する事を通じてより効率的に学ぶ事も可能。

一方、ボランティア、NPO活動、インターンシップ、学生起業等、学業以外に注力したい事がある学生にとっては、本サービスにより学業を効率化する事で、より注力しやすい環境を提供する。

「Ari Kiri note」サービス内容

Ari Kiri noteでは、学生は自身で作成した成果物(ノートやレポート等)を販売する事ができる。販売する成果物は電子データとして取引される。

※今回ローンチしたものはβ版であり、今後改良を重ねていく予定。

※今回のβ版では、「東京大学」「慶應義塾大学」「早稲田大学」「明治大学」の4大学を対象としており、順次拡大予定。

   

Twitterで