学研教育みらい・世界文化社・フレーベル館が業務協力を開始

株式会社学研教育みらい、株式会社世界文化社、株式会社フレーベル館は、子どもたちの明るい未来と、より価値の高い保育用品の提供を目的とした業務協力を開始する。

3社は、日本独自の幼児教育の教材として定評のある「月刊絵本」を始め、遊具や室内備品など、保育の場で活用されてきた様々な保育教材を、幼稚園・保育所、こども園に提供することを通じて、日本の幼児教育保育界に広く寄与してきた。少子化が続く中、これからの日本を支えていく子どもたちに、より安全・安心で使いやすく質の高い保育教材をこれからも長く安定的に提供していくために、競合の枠を超えた業務協力に取り組んでいく方針だ。

具体的には、物流効率化によるCO2削減や環境への配慮、物流品質向上等を視野に入れた「共同配送」や、保育現場のニーズに寄り添った保育教材・保育用品を提供するための「共同商品開発・仕入」などを通じて、幼児教育・保育に対してより大きな貢献が出来る協力体制を構築していく。

今後の展開は、エリアや商品を絞っての検証や、さらなる協議を重ねて、2020年の本格展開を目指す。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録