サイエンス倶楽部、中学受験対策を目的とした「受験理科Eコース」を2019年4月にスタート

理科実験教室のサイエンス倶楽部を運営する株式会社サイエンス倶楽部(所在地:東京都中野区、代表取締役:浮舟 邦彦)は、2019年4月より小学5・6年生対象に、中学受験の理科の成績アップを目的とした受験理科Eコースをスタートする。

背景・経緯

2020年からはじまる大学入試改革を前に、中学受験も大学入試改革を意識した問題が増えてきている。特に理科の出題傾向の変化は顕著で、以下のような特徴が見受けられている。

  • 物理・化学・生物・地学の4つがまんべんなく出題されている。
  • 基礎知識だけを問うのではなく、思考力や洞察力を問う問題が増えている。
  • 身近なテーマを実験や観察の場面に設定したものが目立っている。

サイエンス倶楽部では25年以上の実績とノウハウをもとに、理科の成績をアップすることを目的としたコースを開設する。

概要

コース名称

受験理科Eコース

対象学年

小学5年生、小学6年生

会費

8,000/月(税別)

期間

2019年4月~2020年3月 ※小学6年生は1月まで

(月1回/全12回、1回あたり150分)

開催地

  • 東京都(豊洲、自由が丘、中野、板橋、つつじヶ丘、町田、国立)
  • 神奈川県(横浜、藤沢)、千葉県(稲毛海岸、船橋、松戸)
  • 埼玉県(浦和、新越谷)、兵庫県(逆瀬川)

特長

  • 首都圏私立中学の出題を精査の上、出題傾向が高く思考力洞察力を問う問題を、実験・観察を通して学ぶ
  • 物理・化学・生物・地学の4分野を網羅的に学ぶ
  • 塾ではなかなか教えない問いの捉え方、解の導き出し方を身につける
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録