一般社団法人 組込みシステム技術協会、技術教育・若手人材育成をテーマとした「ETロボコン2019」の開催を決定

組込みシステム分野における技術教育・若手人財育成をテーマとしたETソフトウェアデザインロボットコンテスト(愛称:ETロボコン、主催:一般社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)、ETロボコン本部事務局:株式会社アフレル)は、2019年2月14日(木)、日本橋FinGATE KAYABA(東京都中央区)にて開催発表会を実施する。

ETロボコン2019

全国12地区で地区大会を開催し、高校生から社会人までがソフトウェア設計内容とスキルを競う本大会では、昨年に引き続きAIやカメラといった要素を取り入れ、新しい技術に挑戦する機会をつくる。また、ETロボコンで得られる教育効果は維持しつつ、より参加しやすい競技形式を予定している。

本発表会ではETロボコン2019のコースを初披露し、新コースを用いた走行デモンストレーションを予定している他、新たな試みとして、ETロボコンに長年継続的に参加している企業・チームが、ETロボコンの魅力や人財育成方法についても語る。

開催概要

名称

ETロボコン2019開催発表会

日時

2019年2月14日(木)14:00~17:30(受付開始13:45~)

会場

日本橋FinGATE KAYABA(東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル1階)

アジェンダ

  • 開会の挨拶             (一社)組込みシステム技術協会 理事 渡辺博之
  • ETロボコン2019全体内容について  ETロボコン本部運営委員長 櫻井 隆
  • 競技内容(新コースによる走行デモ) ETロボコン本部技術委員長 高橋 寛之
  • モデル審査について         ETロボコン本部審査委員長 土樋 祐希
  • ETロボコン2019への期待      ETロボコン本部実行委員長 星 光行
  • ETロボコン参加企業による事例紹介
  • 質疑応答

開催発表会への出席申し込み

※申し込み期限:2019年2月8日(金)17:00

「ETロボコン」とは?

(ETソフトウェアデザインロボットコンテスト 愛称ETロボコン)

日本の産業競争力に欠くことのできないきわめて重要な「組込みシステム」分野における産業教育をテーマに、レゴ® マインドストーム®の車体で決められたコースを自律走行する競技と、製品・サービスを開発し披露する2つの部門競技。企業エンジニアを含めたオープン参加型のソフトウェアを競うロボコンで、各企業団体との連携協力により開催される。

2002年UMLロボットコンテストとして始まり、2005年よりETロボコンと愛称を変え、今年で通算18回目の開催となる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録