デジタル・ナレッジが特別講演『AI時代の語学教育の在り方 ~日本語学校における「教育×AI」活用最新事例~』を開催

株式会社デジタル・ナレッジは、2019年1月24日(木)、インターカルト日本語学校の矢口奈緒子氏をゲストに迎え、特別講演『AI時代の語学教育の在り方 ~日本語学校における「教育×AI」活用最新事例~』を開催する。

講演詳細

『AI時代の語学教育の在り方 ~日本語学校における「教育×AI」活用最新事例~』

日時

2019年1月24日(木)16:30-17:10

主催

株式会社デジタル・ナレッジ

会場

秋葉原UDXシアター

定員

150名(先着、定員に達し次第締め切り)

費用

無料

登壇者

インターカルト日本語学校インターカルトEdTech センター 矢口 奈緒子氏

内容

1977年の設立以来、一貫して日本語教育事業のほか日本語教員養成事業を展開し、世界65カ国20,000人以上の卒業生を輩出してきたインターカルト日本語学校では、日本語習得を目指す生徒に対し、AIを活用したeラーニング教材を利用している。

今回は、同校EdTechセンターの矢口氏がAI×日本語教育の詳細を語る。

また昨今、飲食業界の人手不足という問題に対し、外国人労働者の雇用促進や離職率低下の観点から教育の重要性が指摘されている。本講演では、デジタル・ナレッジも協力して進めている、飲食業界の外国人スタッフ向けAI教材サービスの新たな取り組みについても解説する。講演後半には「効果を最大化する機能」や「コンテンツ作りのポイント」「eラーニング導入で失敗しないコツ」をテーマに、デジタル・ナレッジのナビゲータが講演者の本音と運用の裏話にも迫る。

デジタル・ナレッジの新春イベント

本講演は、デジタル・ナレッジの新春イベント『先読み!2019年eラーニング・EdTechの行方』の第2部の講演。新春イベントでは、2019年のeラーニング、EdTech、そして教育市場の行方や企業研修、人材育成に関する特別講演もある。

株式会社デジタル・ナレッジ、新春に特別講演『2019年、デジタル・ナレッジのチャレンジ』開催

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録